「上越・夏の涼」(6)キリリと冷たい名水は?

上越地方には数多くの名水があり、これまで本、新聞、雑誌、ウェブなどに多くの紹介記事が掲載されてきたが、「冷たさ」に焦点を当てた企画はないようだ。

「上越・夏の涼」、最終回は主な上越地域の名水を回り、水温を計ってみた。いずれも2010年8月中旬の真夏日(最高気温30度以上)の日中に測定した。

宇棚の清水
20100817udana_w1

その結果、最も冷たい清水は標高1300mの笹ケ峰牧場(妙高市)にある「宇棚(うだな)の清水」で、水温は8度。水に5秒間手を入れるのがやっとという冷たさである。環境省が選んだ「平成の名水百選」に選ばれた名水で、1日の湧水量は4800トンもあり、これも上越一。水源から川のように流れだしている。口当たりが柔らかく、味もピカ一。笹ケ峰のグリーンハウスから約800m、徒歩10分。

大出口泉水
20100817oodeguti

延命清水
20100817enmei

太田切清水
20100817ootagiri

 3番目に冷たかった名水は、上越市板倉区の山寺薬師にある「延命清水」と、妙高市坂口新田の妙高大橋の真下にある「大田切(おおたぎり)清水」で、いずれも11度。延命清水は飲むと長生きできると言われ、県内外から水をくみに来る人が絶えない。ペットボトルに一年以上入れておいても腐らない。大田切清水は参勤交代の人々ののどを潤した歴史を誇り、馬頭観音がまつられている。

なお、上越市五智の五智国分寺脇に湧く「養爺(ようや)清水」は、街の中にあって、13度という水温は特筆される。

順位/水温 清水の名称 所在地
(1)8度 宇棚の清水 妙高市笹ケ峰
(2)10度 大出口泉水 上越市柿崎区
(3)11度 延命清水 上越市板倉区
(3)11度 大田切清水 妙高市坂口新田
(5)13度 弘法清水 上越市牧区
(6)13度 養爺清水 上越市五智
(7)22度 御前清水 上越市大豆

シリーズ・上越夏の涼 2010 サイト内リンク

◇「上越・夏の涼」(5) 氷点下ビール上越初登場!
http://www.joetsutj.com/archives/51729538.html
◇「上越・夏の涼」(4) 冷やしたい焼き
http://www.joetsutj.com/archives/51729425.html
◇「上越・夏の涼」(3)駅のホームは地下40m
http://www.joetsutj.com/archives/51729393.html
◇「上越・夏の涼」(2) ダム内部は気温10度
http://www.joetsutj.com/archives/51726184.html
◇「上越・夏の涼」(1) 冷やしシャンプー
http://www.joetsutj.com/archives/51718697.html