ホーム > 2019/10

夫婦2人で営むレストラン「トゥジュール」 旬の地場食材使ったメニューを提供

1週間前

ジャンルにとらわれず、季節の地元食材を使用した料理を提供する「トゥジュール」がこのほど、新潟県上越市東雲町2にオープンした。シェフの夫とパティシエの妻、夫婦2人で営むレストランだ。

シェフの高木和弥さん(46)は千葉県出身。シェラトンホテルはじめ、関東圏のレストランや結婚式場などで腕を磨き、妻、朋子さん(37)の出身地、上越へ。同市下門前の関川テラスでシェフを務めた後に独立し、朋子さんとともに念願の店をオープンさせた。「地元食材で四季を感じてほしい。格式張らない“ファミリーレストラン"として気軽に利用して」と和弥さんと朋子さんは話す。

シェフの和弥さん(右)とパティシエの朋子さん
4

ランチは2種。パスタを選べる「本日のランチ」(1800円)は前菜、「本日の一皿」、スープと選べるデザート、ドリンクのセット。パスタは2種類からチョイスする。「松花堂仕立てのレディスランチ」(1800円)は限定5食で、味のほか、見た目も存分に楽しめる。冷菜の「一の膳」、スープ、肉や魚の「二の膳」に選べるデザート、ドリンク付き。ディナーはメインが選べるハーフコース(3500円)や各種アラカルトメニューを用意。コース(5000円〜)は要予約。ワインも豊富。ソムリエ資格を持つ和弥さんから料理に合うおすすめのワインについて聞くこともできる。

限定5食のランチ「松花堂仕立てのレディスランチ」
2

料理には和弥さんの母親の出身地、北海道・南茅部産の昆布を使った「昆布水」を利用し、料理の味を引き立てる。ほか、朋子さんは骨董好きな母親らの影響から、店で使用する皿や器にもこだわり、「器を目で見て楽しみながら四季折々の料理を味わって」と話している。

店内はテーブル席のほか、カウンターやソファー席もある
3

店内は互いの趣味を所々に並べた。長年かけて集めたレシピ集は「料理に携わる若い人たちから自由に見てもらいたい」と和弥さん。カップ&ソーサーは好みを選んでオーダー可能。カウンター席もあり“お一人様"も歓迎。ソファー席、子供用の椅子も用意した。子供たちからも料理に興味を持ってもらえるようにと、子供を対象とした料理教室のほか、地元の生産者と協力したイベントなども開いていきたいという。

白い外壁が目印
5

店舗前に駐車場あり。価格は税抜き。営業時間は午前11時30分から午後1時30分LO、午後6時から同8時30分LO。定休日は水曜だが、ほか不定休あり。問い合わせ、予約は同店025-520-7370

トゥジュールの場所