ホーム > 2021/05

6月1日からは「食堂酒場 酉かつ」で販売 上越木田食堂の「鶏の半身揚げ」

1か月前

=記事広告=

新潟県上越市新光町2の「上越木田食堂」は、テイクアウト限定商品、新潟名物「鶏の半身揚げ」の販売を、2021年5月31日で終了する。今後は上越妙高駅西口のコンテナ商業施設フルサット(同市大和5)内にある「食堂酒場 酉かつ」で引き継ぎ、6月1日から販売開始する。

鶏の半身揚げは、鶏の半身を丸ごと揚げた豪快な料理で、新潟のソウルフードとしても知られる。皮はパリッとし、中の鶏肉はやわらかいジューシーな味わいが特徴で、スパイシーなカレー風味が食欲をそそり、ご飯のおかずや酒のつまみとして人気がある。

外はパリッと中はジューシーな鶏の半身揚げ
hannmiage

上越木田食堂では今年1月末から販売を始めたが、注文が殺到。通常業務に支障を及ぼしてしまう状況になったことから、同店での販売を終了することとなった。

しかし、上越木田食堂の店主が「上越地域でも鶏の半身揚げを定着させたい」と願い、協力会社を探していたところ、同市大和5のフルサット内「食堂酒場 酉かつ」で引き継いでもらえることになった。6月1日からは、同店がテイクアウト限定で販売するという。

鶏の半身揚げの販売を終了する上越木田食堂
gaikan2

もも、手羽先、胸、ささみ、ぼんじり、鶏皮と一度に6種類の部位が味わえるのが半身揚げ。鶏料理をメインとする酉かつでは、米粉100%の衣を170度の油で15分間じっくり揚げ、その後オーブンで5分焼くという調理方法で、よりおいしさにこだわって提供するという。

6月1日から鶏の半身揚げのテイクアウト販売を行う「食堂酒場 酉かつ」
酉かつ外観

「ご好評いただいた商品を終了するのは残念ですが、今月末までは当店で味わっていただき、6月1日からは酉かつさんで当店の鶏の半身揚げを召し上がってください。家族や友人、お一人でもご自宅でゆっくり楽しんでいただければ」と上越木田食堂では話している。なお5月31日より前に在庫がなくなった場合は、その時点で終了する。

酉かつで200円引きキャンペーン

酉かつでは、鶏の半身揚げのテイクアウト販売開始キャンペーンとして、通常1080円のところ、880円の特別価格で提供する。実施は6月30日受け取りまで。電話で2日前までに要予約。

【上越木田食堂】
◇営業時間:午前11時~午後10時
◇定休日:無休
◇電話:025-522-8802 店舗Instagramはこちら

【食堂酒場 酉かつ】
◇営業時間:午前11時~午後1時30分、午後5時~午後10時(同9時30分ラストオーダー)
◇定休日:火曜
◇電話:025-520-7868

食堂酒場 酉かつ