ホーム > 2021/05

妙高市関山で山菜採りの男性がクマにかまれる

1か月前

妙高警察署によると、2021年5月24日午前、新潟県妙高市関山で山菜採りをしていた同市在住の70代男性がクマに襲われ、病院に搬送された。男性は両足をかまれ、骨折などの重傷を負ったが、命に別条はないとみられる。

現場は上信越道妙高SAの北西にある恵ため池から、東に約100mのやぶの中。同署によると、男性は同日午前7時半頃から1人で山菜採り中、体長約1.3mのクマ1頭に襲われ、左足のすねと右足のひざ下をかまれた。男性は歩けない状態だったとみられ、携帯電話で妻に連絡し、午前8時半過ぎに妻が119番通報した。男性は右下腿を開放骨折するなどの重傷を負い、入院した。

同市によると、市内でクマによる人身被害が発生したのは本年度初めて。同署と市、猟友会でパトロールを実施し、付近の住民に注意を呼び掛けている。

ため池に続く道路は立ち入り規制がされた(2021年5月24日午前)
20210524-DSC_3946-2

恵ため池