ホーム > 2018/06

シロイルカのパンやかまぼこも♪ うみがたり関連商品続々登場 

5か月前

新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」が2018年6月26日にオープンしたことに合わせ、市内の企業や店舗では新水族館にちなんだ食品などを続々と商品化。うみがたりの開業を盛り上げている。シロイルカやペンギンなどをモチーフにしたパンやかまぼこ、地元のしょうゆを使ったせんべいなどのほか、子供が水生生物を描いたプリントクッキーなど多彩。子供や女性向けのかわいらしい商品も多く、今後注目を集めそうだ。

DSC_4959

各商品とも開業を見据えて長期に渡って取り組んできたもので、特に県内初の飼育展示となるシロイルカをモチーフにした商品が目立つ。通年商品の菓子は新たな上越土産として利用できるし、期間限定商品は売り切れる可能性も高いので、早めの購入がおすすめ。

レジーナ スイーツ&ベーカリー(西城町3)

うみくん(左上)とかたりん(右上)をはじめ、アザラシやシロイルカのパンが並ぶ
DSC_4935

「レジーナスイーツ&ベーカリー」には女性スタッフたちが考案したシロイルカ、アザラシ、カメのほか、うみがたり公式キャラクターの「うみくん」「かたりん」をかたどった愛らしいキャラクターパンを販売。シロイルカ (200円) はモチモチ生地に自家製チョコカスタードクリーム入り。「うみくん」「かたりん」(各200円) には自家製のカスタードクリームがたっぷり。販売は7月中旬までの予定。午前9時から午後6時。火曜定休。025‐530‐7900

口福の店 魚住かまぼこ店(春日新田5)

子供たちから人気の高いペンギンなどのかまぼこ
うみがたりかまぼこ切抜

「口福の店 魚住かまぼこ店」はうみがたりの地元、同市五智2の子供会の協力を得て「おさかなかまぼこ」(700円〜) を販売。ペンギンやシロイルカ、イルカの3種セット (1000円)、お魚3色セット (800円) など4種類を展開。子供たちの声から人気の生物をかまぼこにしたほか、パッケージには子供たちのイラストを採用した。県外客のおみやげ、祖父母が孫へ購入する人が多いという。午前9時30分から午後6時。日曜は午後5時まで。 025‐543‐2438

町田醤油味噌醸造場(東本町3)

しょうゆの香ばしさを味わえるしろいるか手焼きせんべい
DSC_4938

「町田醤油味噌醸造場」のしょうゆを使ったせんべい「しろいるか手焼きせんべい」(550円〜) はうみがたり内のミュージアムショップ「レガーロ」で購入できる。県産大豆、国産小麦、沖縄の天日塩を使用した本醸造しょうゆ「あぜみち」を使い、しょうゆの香ばしさを味わえる。箱(1000円)で購入すると、しょうゆのほかザラメ、七味もある。

菓心亭かまだエルマール店(西本町3)

かまだのクッキーは子供たちが書いた絵をプリント
DSC_49431

菓心亭かまだエルマール店では幼児から小学生を対象に募集した水生生物の絵をプリントしたクッキー (1枚150円) を販売。シロイルカとタコ、イルカ、夕日とカメなどの絵が描かれている。同店スタッフは「大人では描けない味のあるイラストがかわいらしく、評判も上々」と話している。午前10時から午後8時。025-543-0393子安店でも販売している場合もあり。