ホーム > 2021/12

もっちり食感のナポリタン味わって! 「キッチンパンチョ」12月25日オープン

1か月前

記事広告

もっちり食感の昔懐かしいナポリタンなどが味わえる「キッチンパンチョ上越インター店」が2021年12月25日、新潟県上越市富岡の上越ウィングマーケット内にオープンする。県内初出店。

「キッチンパンチョ上越インター店」。入り口に食品サンプルが並ぶ懐かしい雰囲気だ
パンチョ外観

昔ながらの金属製の食器に盛った定番のナポリタン(並)
パンチョナポリタン

長い間、喫茶店の定番メニューとして愛され続けてきたナポリタン。パスタ専門店の味とは一線を画す日本生まれのスパゲッティーだ。2.2mmの極太麺を柔らかくゆで、冷水でしめることで独特の食感が生まれる。注文を受けてから特製ソースを加え、フライパンで炒めて仕上げる。口に入れた瞬間、もっちり食感と懐かしい味わいが広がってくる。

スパゲッティー専門店「パンチョ」は関東地方を中心に約30店舗を展開。上越インター店はハンバーグやカレー、から揚げなどもメニューに加え、幅広い年齢層に対応した新業態「キッチンパンチョ」としてオープンする。テイクアウトも可能。

昭和の落ち着いたムードが漂う店内
パンチョ店内

「上越地域の人に、おいしいナポリタンを食べていただきたい」と意気込む小山昌哉店長。パスタ専門店のようにかしこまることなく、粉チーズやタバスコをたっぷりかけて、豪快に食べるのが流儀だ。レンガ風の内装、ギンガムチェックのテーブルクロス、店内に流れる90年代のBGM。いずれも昭和の“ちょいダサ”ムードが漂い、リラックスして食事が楽しめる。

メニューの一部
ちらし裏

定番のナポリタン、ミートソースには、目玉焼き、エビフライ、ハムカツ、から揚げなど多くのトッピングが用意され、自分なりのカスタマイズが楽しめる。麺の量は「並」が400gもあるので、食べきれない人にはミニ(200g)、小(300g)も用意されている。大(500g)、超(1000g)も選べる。

オープン日の12月25日には、先着30人にオリジナルタオルをプレゼント。来年1月10日までに来店した人には、最大240円引きとなるトッピング無料券を進呈する。

◇所在地:上越市富岡462-14
◇営業時間:11時〜21時
◇定休:無休(12月31日、1月1日を除く)
◇電話:025-538-8020
◇ホームページ:https://pantyojoetsu.hp.peraichi.com/

キッチンパンチョ上越インター店