ホーム > 2021/12

「うみてらす名立」と「よしかわ杜氏の郷」民営化へ 上越市が方針 持ち株会社も整理へ

1か月前

新潟県上越市は2021年12月24日、3セクの持ち株会社「Jホールディングス」傘下で、名立区の「うみてらす名立」を運営する「ゆめ企画名立」について、日帰り温浴施設やホテルなどを運営するBJ(本社、長野市)に全株式を譲渡し、民営化することを明らかにした。Jホールディングスも、解散を含む抜本的整理を行う。日本酒製造を行う吉川区の3セク「よしかわ杜氏の郷」も民間譲渡の方針。

吉川区の「よしかわ杜氏の郷」
よしかわ杜氏の郷

うみてらす名立は長野市の会社に

うみてらす名立は、国道8号沿いにあるホテルやプール、レストランなどがある市の大型観光施設。ゆめ企画名立は指定管理者として同施設を運営してきたが、来年4月以降の指定管理者にBJが選ばれた。

BJはグループ会社の運営コンサルを手掛け、長野市の道の駅や日帰り温浴施設などの指定管理も行っている。うみてらす名立の事業提案では、道の駅ランキングベスト10入りを目指し、地場物産館の改革のほか、本社一括の管理業務でサービス向上や経費削減を図ることなどが評価された。

ゆめ企画名立は2022年にBJの100%子会社となり民営化される予定で、現在の従業員は全員引き継がれるという。

Jホールディングスも抜本整理へ

ゆめ企画名立など7社を傘下に設立された同市出資の3セク持ち株会社、Jホールディングスは、キューピットバレイと三和振興が今年までに解散し、ゆめ企画名立を民間譲渡することで、事業会社が4社となる。市は持ち株会社としてのメリットが発揮できないとして、来年度以降、解散を含む抜本的な整理に着手する。

よしかわ杜氏の郷も譲渡先選定へ

市が出資する3セク、よしかわ杜氏の郷は、1999年の設立当初からの日本酒需要の下降と、新規参入のため販路拡大や生産・販売量の増加が進まず、厳しい経営が続いていた。市が設置した有識者による評価委員会からは、民営化の検討を強く指摘されていた。

市は民間譲渡に向けて来年1月から具体的な協議に入る。地元吉川区や市内企業への譲渡を優先させる方針で、想定するスケジュールは2022年6月に売却先の公募を開始し、9月には優先交渉者を決定。10月に譲渡契約を結ぶ計画としている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/01829226 新潟県上越市三和区宮崎新田のホテル「三和ネイチャーリングホテル米本陣」を運営する三和振興は、経営悪化を理由に市に対して指定管理の辞退を申し入れた。市は施設の指定管理を2021年3月末で取り消し、4月以降の施設の運営について検討を進める。…
https://www.joetsutj.com/articles/78322709 スキー場や温泉などからなる新潟県上越市安塚区の「雪だるま高原」の新たな指定管理者となった「スマイルリゾート」(本社新潟県湯沢町、田中章生社長)と上越市が2020年6月19日、上越市役所で記者会見した。スマイルリゾートの田中社長は「地域住民がシーズン中に何度も足を運ぶような、地域に愛されるスキー場にしていきたい」と抱負を述べた。…
https://www.joetsutj.com/articles/90121434 新潟県上越市安塚区でスキー場や温泉を運営しているキューピットバレイ(石田和久社長)が2020年3月10日、3月末で会社を解散することが分かった。同社は同市出資の第三セクターのJホールディングス傘下の会社。10日に開かれた市議会文教経済常任委員会で、同市の市川均産業観光交流部長が明らかにした。…
https://www.joetsutj.com/articles/88867606 新潟県上越市は2020年2月17日、市が25%以上出資する温浴施設などの第3セクターの経営健全化に向けた検討結果概要を上越市議会に報告した。設立間もない一般財団法人上越市地域医療機構を除いた、対象の24法人すべてが、廃止や民営化を含めた何らかの対応が必要と判断された。…
https://www.joetsutj.com/articles/17437738 新潟県上越市は2019年2月21日、同市が出資する第三セクターで、温泉施設「くわどり湯ったり村」などを運営するリフレ上越山里振興の経営健全化方針を市議会に説明した。同社は債務超過で、市では方針に基づいて今後3年間で経営改善に取り組み、財政的リスクが解消されない場合は清算や民間売却…
https://www.joetsutj.com/articles/24176456 新潟県上越市の温浴施設などの第3セクター7社を傘下に置く持株会社「J─ホールディングス」(西本町4、早川寿男社長)が、事業会社4社が赤字を計上するなど設立時に掲げた「3年間で全社黒字」の目標が達成できず、厳しい経営状況となっている。同社傘下以外にも経営状況が悪化している3セクがあり、同市は25%以上出資する25の第3セクターについて、2019年度に民間譲渡や廃止などを含めた方向性を決定する方針だ。…
https://www.joetsutj.com/articles/52048209 新潟県上越市の第三セクター7社を傘下に置く持株会社「J─ホールディングス」の設立記念式典が2013年9月1日、同社の本社となる同市西本町4の直江津屋台会館で開かれた。観光を中心とした各社の収益構造の改善し、2年後の全社黒字化を目指す。市町村合併により同市では温浴施設など類似の三セ…