ホーム > 2017/10

上越妙高駅前に本格洋食の店 「駅前洋食 桜花軒」が10月11日グランドオープン

2か月前

本格洋食を召し上がれ——上越妙高駅西口にあるコンテナ複合商業施設「フルサット」に2017年10月11日、「駅前洋食 桜花軒」がオープンする。オーナー兼シェフの秋山泰英さん(54)は「昔懐かしい洋食をご家族で味わっていただきたい」と話している。8〜10日まではプレオープンを実施。プレオープンの営業時間は午前11時から午後3時。

10月11日にグランドオープンする「駅前洋食桜花軒」
桜花軒外観

桜花軒は40フィートコンテナ2つを利用した。秋山さんは東京出身で長年飲食業に携わってきた。「昔懐かしい雰囲気で拠り所となるようなまちの洋食屋」をコンセプトに家庭的な店作りを目指す。料理はメインはもちろん、付け合せやソースまで手作りにこだわる。

昔ながらの洋食を味わえる
桜花軒料理たて

ランチタイムはハンバーグステーキ、煮込みハンバーグ、スパイシーカレー、本日のパスタ(いずれも972円)のほか、ポークソテーやエビフライ(いずれも1080円)、タラバガニの極上クリームコロッケ(1296円)を提供。ディナータイムもランチで提供するメニューなどをはじめとした一品料理を多彩に味わえる。料理に合うアルコール類も豊富に揃えた。

オーナー兼シェフの秋山さん
桜花軒秋山さん

店内は4人がけのテーブル5席にカウンター4席。子供用の椅子も設け、子供にはおこさまプレート(864円)も用意した。 秋山さんは「看板メニューは『タラバガニの極上クリームコロッケ』。家庭的な洋食を味わっていただきたいし、子供たちにも『昔ながらの洋食屋さん』の味を知ってもらえれば」と話している。

店内にはテーブル席とカウンターを設けた
桜花軒店内

営業時間は午前11時30分から午後8時30分。ランチタイムは午後5時まで。電話025-520-7535