ホーム > 2020/03

上越市内での上映率は55% キネマ旬報の2019年映画ベストテン

7か月前

映画雑誌「キネマ旬報」はこのほど、2019年に公開された洋画と邦画の各ベストテンを発表した。このうち、新潟県上越市内の映画館2館で上映された映画は、日本映画6本、外国映画5本の計11本。前年の15本より4本少なく、上映率は55%だった。

キネマ旬報2019

1919年創刊という1世紀を超える歴史がある映画雑誌「キネマ旬報」の映画賞とベストテンは、国内では最も権威がある。上越地域でどんな映画が上映され、見られているかをベストテンと比較することにより、おおよその文化度が見えてくるのではないか。

地方での映画館経営が厳しさを増している中、上越市内では2館が上映を行っており、県都と比較しても非常に恵まれた環境にある。映画サークル「上越映画鑑賞会」も自主上映会を続けている。

2019年の日本映画は、アニメ「天気の子」が大ヒット。埼玉県を自虐的に描いた「翔んで埼玉」などのユニークな映画もあったが、総じて静かな人間ドラマがベストテンに入った。1位の『火口のふたり』はR18+のハードな作品で、上越では上映されなかった。6位の『さよならくちびる』は新潟市ロケのご当地映画なのにもかかわらず、上越では上映されなかった。

外国映画では、『ジョーカー』が作品内容だけではなく、興行収入も良く文句なしの1位。クエンティン・タランティーノ、マーティン・スコセッシ、クリント・イーストウッド、ケン・ローチなどのベテラン監督の作品が順当にベストテン入りした。『アイリッシュマン』『ROMA/ローマ』はNetflixで配信された作品。

文化映画1位の「i-新聞記者ドキュメント-」は、12月に高田世界館で上映された(3月に再上映)。

キネマ旬報ベスト・テン

日本映画ベスト・テン 上映率60%

  1. 『火口のふたり』 
  2. 『半世界』(J-MAXで3〜4月、高田世界館で5月に上映)
  3. 『宮本から君へ』 (高田世界館で今年1月に上映)
  4. 『よこがお』 
  5. 『蜜蜂と遠雷』 (J-MAXで10〜11月に上映)
  6. 『さよならくちびる』
  7. 『ひとよ』 (J-MAXで11月に上映)
  8. 『愛がなんだ』 (J-MAXで6月に上映)
  9. 『嵐電』
  10. 『旅のおわり世界のはじまり』(高田世界館で7〜8月に上映)

外国映画ベスト・テン 上映率50%

  1. 『ジョーカー』 (J-MAXで10〜12月に上映)
  2. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 (J-MAXで8〜9月に上映)
  3. 『アイリッシュマン』 
  4. 『運び屋』 (J-MAXで4〜5月に上映)
  5. 『グリーンブック』 (J-MAXで3月、高田世界館で7月に上映)
  6. 『家族を想うとき』 (J-MAXで今年1月に上映)
  7. 『COLD WAR あの歌、2つの心』 
  8. 『ROMA/ローマ』 
  9. 『象は静かに座っている』 
  10. 『バーニング 劇場版』 

過去の上映率