ホーム > 2016/01

<第7回> 2015年の上映映画でみる上越の文化度は?

4年前

米アカデミー賞より長い歴史と伝統を持つ日本の映画誌「キネマ旬報」は2016年1月7日、2015年に公開された洋画と邦画のベストテンを発表した。このうち、新潟県上越市内で上映された映画は11本(上映率55%)で、前年を大幅に上回った。

前年の上映本数は4本(上映率20%)だったが、高田世界館(本町6)が毎日上映に踏み切ったことで、上映率が大幅に上がった。同館では前年のベストテンに入った「そこのみにて光輝く」「0.5ミリ」「百円の恋」を昨年上映したため、2014年のベストテン映画の最終的な上映率は40%となる。

映画に限って言えば、県都・新潟市とほとんど差がなくなったと言えるのではないか。

キネマ旬報ベストテンロゴ

日本映画

  1. 恋人たち(高田世界館で1月16日から上映)
  2. 野火(高田世界館 10月10日~31日上映)
  3. ハッピーアワー
  4. 海街diary(J-MAX 6月13日~8月7日上映)
  5. 岸辺の旅(J-MAX 11月28日~12月11日上映)
  6. GONINサーガ
  7. この国の空
  8. ソロモンの偽証
    • 前篇・事件(J-MAX 3月7日~4月14日上映)
    • 後篇・裁判(J-MAX 4月11日~5月22日上映)
  9. 母と暮せば(J-MAX 12月12日~)
  10. きみはいい子(高田世界館 10月31日~11月13日上映)
    (同点)ローリング

外国映画

  1. マッドマックス 怒りのデス・ロード(J-MAX 6月20日~8月7日上映)
  2. アメリカン・スナイパー(J-MAX 2月21日~4月10日上映)
  3. アンジェリカの微笑み
  4. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(J-MAX 4月10日~5月22日上映)
  5. 黒衣の刺客
  6. 神々のたそがれ
  7. セッション
  8. 雪の轍
  9. インヒアレント・ヴァイス
  10. おみおくりの作法(高田世界館 6月20日~7月10日上映)

過去の上映率