ホーム > 2016/01

イオン上越店前の売り場から2年連続1等7000万円 年末ジャンボミニ

4年前

=2016年1月12日=

昨年末に抽選会が行われた「年末ジャンボミニ7000万円」で、高田たばこ販売協同組合が運営する新潟県上越市富岡のイオン店=写真=から1等7000万円の当たりくじが出た。この売り場から1等が出たのは昨年につづいて2年連続となる。

宝くじ売り場

1等が出たことを伝える張り紙
張り紙

年末ジャンボミニは、1等が190本。1等7億円が25本の年末ジャンボに比べて、当選確率が高い。今回の1等は組下1ケタ2組191920番。

このほか、妙高市栗原の新井ショッピングセンター内の宝くじ売り場「新井チャンスセンター」では年末ジャンボの1等と前後賞合わせて10億円の当せんが出ている。

いずれも賞金の支払いは1月5日から始まっている。

https://www.joetsutj.com/articles/04063936 新潟県妙高市栗原の新井ショッピングセンター内の宝くじ売り場「新井チャンスセンター」で、2015年末に販売されたジャンボ宝くじから、1等と前後賞合わせて10億円の当せんが出た。今回から賞金額が過去最高となった10億円の当せんは、全国でわずか25本、県内では同売り場のみだった。…