上越市独自ナンバー 桜とけんけんずデザイン

新潟県上越市は2012年8月27日、11月から導入する同市オリジナルの原付ナンバープレートのデザインを発表した。上杉謙信をモチーフにした同市のピーアールマスコット「上杉忠義隊けんけんず」をデザインした3種類の中から市民らによる投票の結果、最も人気があったの桜をデザインしたピンク色のプレートが選ばれた。

2015年春の北陸新幹線開業に向けた同市のイメージアップなどを目的に導入する。今年7月、海と山、巻物、桜の3種類のデザインを公表し、はがきとホームページで投票を行ったところ、総数3373票のうち、約半数の1662票が桜のデザインだった。
オリジナルナンバーが付けられるのは125cc以下のバイクなど5種類の車両で、約2万1600台が対象となる。11月上旬から順次交付されるほか、希望者には既存ナンバーからの変更も無料で行う。


11月から原付などのナンバーに採用される桜とけんけんずのデザイン

オリジナルナンバー

9月1日から希望ナンバーも募集

オリジナルナンバー導入を記念して上越市は9月1日から10月15日までの期間限定で、原付などについて希望ナンバーの募集を行う。
すでに原付などのナンバーを登録している人と12月21日までに新規登録予定の人が対象で、好きなナンバーに変更することができる。往復はがきで応募し、希望が重複した場合は抽選となる。
↓応募の詳細は上越市のホームページ
http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/zeimu/zeimu-number.html

関連記事