歴史が香るグリーン焼きそば、新たに登場

新潟県上越地域では5色の焼きそばが続々と発表され、市民の話題を集めているが、新たなグリーン焼きそばが2011年10月22日から、上越市中央1の「なおえつ茶屋」(花柳紀寿郎店主)で発売されることになった。

新発売される「からむしグリーン焼きそば」(クリックで拡大)
20111014green_w

 十日町市のネオ昭和が販売している緑色の乾麺「からむし麺」を使用しており、その名も「からむしグリーン焼きそば」。カラムシとはイラクサ科の多年生植物で、越後縮の原料としても知られる。戦国時代の上杉謙信、直江兼続、上杉景勝の特産開発で広まった。この若葉をお茶の製法で粉末にし、うどんに練りんだもので、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富で香りが豊かなため、注目を集めている。

今年6月にからむし麺の取り扱いを始め、ぶっかけうどんとして店内で提供したところ、「コシが強くておいしい」と大人気になったことから、第2弾として「焼きそば人気に便乗」して花柳店主が考案した。

具には糸コンニャクと、ネギ、小松菜、油揚げ、エノキダケ、干しエビなどを使い、オリーブオイルで炒めた。同市西本町1の西沢商店のめんつゆをベースにして味付けし、平八(木田3)のかまぼこに「毘」の旗を立てて飾った。

これまで何回か試食会をしたところ大好評で、10月22日から販売することになった。発表会は午後8時から、なおえつ茶屋で行われる。グリーン焼きそばを食べながら、花柳店主の舞踊、山ひろしさんのギター弾き語りなどで楽しむ。予約不要。

23日以降は、店内でいつでも食べられる。定価550円のうち、50円は東日本大震災の義援金として寄付する。

なお、グリーン焼きそばは、上越市下正善寺の「食の工房ネットワーク」でハス麺を使って売り出しているほか、魚沼市のB級グルメとしても人気を呼んでいる。なおえつ茶屋は県内3か所目になる。今後はグリーン同士の対決も楽しめそう。

【上越タウンジャーナル関連記事】

◇上越焼きそば 新たに緑完成!黄もデビューへ(2011年9月28日)
http://www.joetsutj.com/archives/51794614.html
◇月岡のグルメグランプリで三色焼きそばが対決へ(2011年9月3日)
http://www.joetsutj.com/archives/51779845.html
◇ブラック焼きそばにホワイトとレッドが追撃態勢(2011年7月12日)
http://www.joetsutj.com/archives/51754333.html
◇「レッド焼きそば」赤倉に登場! 3色が完成(2011年6月18日)
http://www.joetsutj.com/archives/51740047.html
◇ホワイト焼きそば 試行錯誤経てついに完成(2011年4月3日)
http://www.joetsutj.com/archives/51696425.html
◇「糸魚川ブラック焼きそば」上越市内に初登場(2011年3月21日)
http://www.joetsutj.com/archives/51700169.html