ホーム > 2018/06

【TJ調査隊】上越市柿崎区に幻の温泉「あばれ井戸の湯」 今年から幻度アップ?

6日前

上越市柿崎区の山奥に週2日しか営業しない日帰り温泉「あばれ井戸の湯」があります。今年はほとんど営業していないようです。電話も営業しているときしかつながらないし、ホームページもないので、温泉に入ることが難しい「幻の温泉」です。ぜひ、取材してください。(匿名希望)

2018年6月9日、ようやくオーナーと連絡が付き、上越市柿崎区へ向け車を走らせた。「あばれ井戸の湯」は、国道8号から約4km東へ進んだ山の中にあった。山小屋風で平屋建てのしゃれた建物だ。出迎えてくれたのは、横尾博美さん(65)、シズエさん(64)夫妻。営業する日は、住まいがある妙高市から1時間ほどかけて通ってくるのだという。

森のなかにたたずむ一軒家の日帰り温泉
建物

前施設をリニューアルしオープン

柿崎区栃窪にはかつて、栃窪温泉と新栃窪温泉の2つがあったが、1723年(享保8年)創業の栃窪温泉「鷺乃湯」は2015年に廃業した。新栃窪温泉「清乃湯」は1999年に開業したものの、経営者が高齢のため2005年秋に営業をやめたという。

新栃窪温泉「清乃湯」を引き継いだのが、“温泉ファン”を自称する横尾さん。2005年秋に施設を買い取り、建物や設備を大規模改修して、池の周囲に石垣やフェンスを作った。「家を1軒新築するぐらい費用がかかった」と笑う。

町内会行事が忙しく臨時休業やむを得ず

「あばれ井戸の湯」を管理する横尾夫妻
経営者夫妻

営業を始めたのは2008年4月なので、今年で10年目になる。温泉名は源泉名にちなみ「あばれ井戸の湯」と名付けた。当初は週4日営業だったが、同年9月からは土日曜だけにした。しかし、今年は町内会長を引き受けたため、町内行事や会議の出席で営業できない日が多くなった。5月27日にオープンしたものの、その後は6月2日、10日の3日間しか営業していない。「しばらくは臨時休業が多くなるので、出かける前に電話で確認して」と話している。

趣味なので「採算は度外視」

採算は取れないが、「趣味でやるのだから、採算は度外視。温泉付きの別荘だと思っている。街灯がないから夜は真っ暗で、これからはホタルがすごく出てきれい」と話す。

電気は来ているが水道がないため、沢の水を逆浸透膜を使った浄水器で水処理をしている。前施設では湧き出る天然ガスを燃料に使い源泉を加熱していたが、2007年に起きた東京都渋谷区の温泉施設での爆発事故を受けて温泉法が改正されたため、安全性の高い灯油ボイラーに切り替えた。

源泉は周期的に「暴れる」

直径10mほどの池の底4mから自噴する源泉は、間欠泉のように周期的に“暴れる”。この日の水面は静かだったが、5月26日に訪れたときは、泥と天然ガスとともに源泉がゴボゴボと湧き出している模様がみられた。

「あばれ井戸の湯」が暴れる様子の動画(2018年5月26日)

源泉は一度タンクに汲み上げてガス抜きをし、天然ガス濃度を基準値以下にしてから過熱している。色は薄緑色だが、その日によって微妙に変化するという。泉質は塩分を含む「ナトリウム‐塩化物泉」で、皮膚病、切り傷、神経痛、筋肉痛などに効能がある。浴槽は2つあるが、普段は1つしか湯を張らないため、交代で入浴する。

温泉の色はその日によって異なる。湯船は2人が入ればやっと
湯船

今年から食事の提供をやめたため、飲食物の持ち込みは自由。「森に囲まれているので風は涼しい。1日ゆっくりしていってほしい」と話している。

あばれ井戸の湯
所在地  上越市柿崎区栃窪819
営業期間  5月中旬〜10月末
入浴料  大人500円、子供300円
営業時間  11:30〜15:00(土曜)
 11:00〜17:00(日曜)
電話  025-536-3339(自宅:0255-72-0382)
あばれ井戸の湯