ホーム > 2018/03

新潟名物 “鶏の半身揚げ” 専門店 「鳥から亭」が中郷区国道18号沿いにオープン

7か月前

新潟市を中心としたご当地グルメ「鶏の半身揚げ」を味わえる専門店「鳥から亭」(市川秀直店主)が2018年1月20日、新潟県上越市中郷区市屋の国道18号沿いにオープンした。国産のひな鶏を熟成させて作る半身揚げやから揚げを味わうことができる。場所は昨年11月に閉店したラーメン店「神楽屋」跡。

「鳥から亭」
20180226鳥から亭外観

半身揚げはひな鶏を縦に半分に切り丸ごとから揚げにする豪快な料理。同店は国産のひな鶏を使用している。

新潟名物「鶏の半身揚げ」
20180226-DSC_7372

市川店主は、半身揚げやから揚げのテイクアウト専門店「からあげ屋いちむら」(新潟市江南区)で修行し、味付けやさばき方のノウハウを学んだ。

おすすめメニューは、500gのひな鶏肉を揚げた「半身揚げ定食」(1000円)。一番人気の「カレー味」や女性人気の高い「ゆず塩味」など4種類がある。肉の筋に切れ目が入っており、分解して食べやすいように工夫されている。定食にはごはん、みそ汁、総菜、漬物が付き、米はすべて妙高市猪野山産のコシヒカリ「棚田米」を使用している。「半身揚げ」のテイクアウトは800円。

「半身揚げ定食」(カレー味)
20180226-DSC_7394

身離れが良く、分解して食べやすい工夫も
20180226-DSC_7415

店内はテーブル席、カウンター席合わせて30席を設けた。市川店主は「熟成させることでジューシーさが増す。豪快にかぶりついて鶏本来の味を楽しんでもらいたい」と話している。

小上がり席もある落ち着いた店内
20180226鳥から亭内観

営業時間は、平日が午前11時から午後2時30分まで。土日曜、祝日が午後3時まで。ラストオーダーは閉店の30分前。水曜定休。春頃から夜にテイクアウトのみの営業を開始する予定。電話0255-78-7899

鳥から亭(上越市中郷区市屋)