ホーム > 2018/04

上越市の事業者が劇物「ホルムアルデヒド」紛失 県が立ち入り調査実施

1週間前

新潟県上越市頸城区西福島の毒物劇物販売業者「タケショウ上越営業所」から2018年4月13日、劇物に該当する「ホルムアルデヒド溶液」3リットルがなくなったと上越保健所に連絡があった。4月16日、県福祉保健部が発表した。

danger_cover

県によると、タケショウは2018年3月16日か19日、白色のプラスチック容器に入ったホルムアルデヒド3リットルを埼玉県にあるメーカーに返品するため、配送を担当している運送業者、新興運輸(上越市黒井)に持ち込み、十分な引き継ぎを行わずに倉庫に置いてきたという。

3月27日にメーカーから「ホルムアルデヒドが戻ってこない」との連絡で所在不明になっていることが判明。その後、それぞれ捜索したが発見できず、4月13日午後5時25分に上越保健所に連絡した。

県によるとホルムアルデヒド溶液は無色の液体で、刺激臭を持つ工業用原料。試薬や消毒などで使用されるという。皮膚や粘膜に付着した場合は発疹が出るなど炎症を起こすほか、吸入した場合には気管支炎などを引き起こす可能性があるという。県によるとタケショウの担当者は容器2個が入る段ボールに、ホルムアルデヒド1個を入れて新興運輸に持ち込んだ。タケショウは紛失を受け、4月13日に警察へ届け出た。上越保健所は16日、タケショウ上越営業所に対して立入検査を実施した。

県は当該事業所に対し、発見に向けて引き続き捜索するよう指導したほか、再発防止に向けての指導を行った。また、県内の毒物劇物営業者に対し、毒物や劇物の適正な取り扱いの徹底について書面で周知した。