ホーム > 2017/07

普通乗用車が田んぼに転落し39歳男性死亡 妙高市北条の農道

2か月前

2017年7月7日午後10時前頃、新潟県妙高市北条の農道で、北条に住む会社員、東條卓矢さん(39)が運転する普通乗用車が田んぼに転落した。東條さんは上越市内の病院に搬送されたが胸を強く打っており、8日午前0時10分、両側血気胸のため死亡した。

事故が起きた妙高市北条の農道
2017-07-08 北条事故現場

妙高警察署によると、現場は見通しの良い直線の農道。車は走行方向に向かって右側に転落していた。午後10時過ぎ、現場通過車両の搭乗者が通報したという。

北条の住民の一人は「午後10時過ぎ、パトカーがたくさん集まって何があったか気になっていた。農道は道幅が狭いのにスピードを出す車が多い」と話していた。

事故が起きた農道の200m北東側では今年4月27日、軽自動車と原付バイクが衝突し、原付バイクの男性が死亡する事故があったばかり。

事故現場

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/02053920 妙高警察署によると2017年4月27日午前7時30分頃、新潟県妙高市北条の農道で、同市白山町の自営業恩田勝さん(42)の運転する軽自動車と、同市吉木の農業の大野一司さん(68)の運転する原付きバイクが衝突する事故があった。この事故で大野さんが意識不明の重体となり、上越市内の病院に搬送されたが、同日午前11時5分、外傷性ショックで死亡した。…