ホーム > 2017/07

東洋一の高田公園のハスの花切り取られる 西堀の見本園の3輪なくなる

2か月前

「東洋一」と称されるハスの名所、新潟県上越市の高田公園で2017年7月7日までに、西堀の見本園の展示用水槽で開花したハスの花3輪がなくなった。ハスの様子を毎日観察している愛好家団体は、何者かが切り取って持ち去ったとみている。7月21日からは「上越蓮まつり」が開かれることもあり、「多くの人が鑑賞を楽しみにしている。非常に残念」と話している。

切り取られたとみられるハス(佐藤会長提供2017年7月7日午前6時30分頃)
IMG_4878

被害に気付いたのは、「高田公園で双頭蓮を探す会」の佐藤真司会長(79)。佐藤会長は毎朝、同公園でハスの開花状況を観察している。なくなったのは、西堀の見本園で咲いた金輪蓮と大賀蓮、西湖紅蓮のそれぞれ1輪ずつ。いずれも茎には、刃物で切断したような痕が残っている。佐藤会長によると、7月6日朝までは3輪ともきれいな花を咲かせていたが、翌7日午前6時30分頃に観察へ向かうと、花がなくなっていたという。佐藤会長はすぐに市高田公園管理事務所に通報した。

7月6日までは咲いていたという金輪蓮(佐藤会長提供、2017年7月6日午前6時30分頃)
IMG_48562

同事務所が管理している見本園は、西堀の歩道に設けられている。同事務所は歩道に並ぶ15個の観賞用水槽の中で1種類ずつハスを育てており、いずれも通行人の手の届く位置にある。

高田公園西堀の歩道脇にあるハスの見本園
20170707-DCS_4724

公園を訪れていた上越市本町7の男性(68)は「酷いことをする人がいるものだ。とても悲しい」と話していた。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51729851 東洋一と称されるハスの名所、上越市の高田公園で、2年ぶりに発見された双子のハスの花「双頭蓮(そうとうれん)」の果托(ハスの実の部分)が、2010年8月14日までに折られて持ち去られたことが分かった。双頭蓮の愛好家団体は「持ち帰った人は返して」と呼びかけている。双頭蓮は突然変異によ…
https://www.joetsutj.com/articles/51729854 上越市の高田公園で2年ぶりに見付かったが、果托(実の部分)が持ち去られてしまった珍しい双子の蓮「双頭蓮(そうとうれん)」が2010年8月16日朝、同公園管理事務所に戻ってきた。同事務所は「軽い気持ちで持ち去ったのだろうが、無事に返却されて良かった」と話している。持ち去られたのは西…
高田公園西堀にあるハスの見本園