ホーム > 2013/09

上越・妙高市内にメガソーラー3基建設へ 年明けにも稼働

6年前

新潟県の上越、妙高両市内の3か所に、新潟市の企業が出力1MW(メガワット=1000kW)以上の大規模な太陽光発電、メガソーラーを建設することがこのほど、分かった。市の所有地や民有地を借りて2013年内に工事を完了させ、年明けからの稼働を目指すという。

メガソーラの建設地(柿崎区黒川工場団地内)
20130910メガソーラー

建設するのは、省エネシステムの提案や設置を手掛ける、新潟スマートコミュニティ事業(本社・新潟市、中久保正己社長)。県の補助を受けてメガソーラーを設置する。発電した電気はすべて東北電力に売電するという。

同社によると、上越市内では、柿崎区芋島新田の市営黒川工場団地内の約3haを借りて、最大出力2MW(2000kW)のメガソーラーを建設。年間発電量は200万kW時を見込む。また三和区井ノ口にある元自動車学校の敷地約1.6haを借りて最大出力1.2MW(1200kW)のメガソーラーを設置し、年間発電量は120万kW時を予定している。今回の建設で上越市内のメガソーラーは4基となる。

妙高市では、サテライト妙高に近い猪野山の市有地約2.5haに最大出力1MW(1000kW)のメガソーラーを建設する。年間発電量は100万kW時の見込み。同市内では初のメガソーラーとなる。

3か所合わせた発電量は一般家庭約1000世帯の年間電力消費量に相当するという。設置する太陽光パネルは、積雪対策として融雪や落雪の機能を持つ。東北電力に計画の申請や土地所有者との契約を終えた後に工事に入り、完成は年内を予定。年明けからの稼働を計画している。

同社ではこのほか、新発田市の高齢者施設などにも太陽光パネルを設置する事業を同時に進めており、総事業費は約15億円を見込む。

中久保社長は「稼働に向けて準備を進めている。完成すれば、災害時に防災拠点への電力供給も行っていく」と話している。

◇上越初のメガソーラー施設がしゅん工(2013年4月18日)
http://www.joetsutj.com/archives/52028199.html

◇谷浜のメガソーラー事業者決定!来年8月稼働(2012年12月18日)
http://www.joetsutj.com/archives/52007470.html

◇上越市の「たにはま公園」にメガソーラー誘致へ(2012年11月22日)
http://www.joetsutj.com/archives/52000422.html

◇上越市に国際石油開発帝石がメガソーラー(2012年8月29日)
http://www.joetsutj.com/archives/51966306.html