ホーム > 2013/02

柿崎の海岸にハングルチラシ入りバルーン飛来

7年前

新潟県上越市柿崎区の海岸に2013年2月1日、ハングル文字で書かれたチラシが入ったアドバルーンらしきものが飛来した。

上越市によると2月1日午前9時55分ごろ、同区中央海岸付近でアドバルーンらしきものが浮遊しているところを柿崎区総合事務所の職員が発見。その後、同区柿崎の民家の電気引き込み線に引っかかった。

飛来したバルーン(クリックで全体を表示します)(写真・上越市提供)
バルーン1

アドバルーンらしきものは透明なビニール製で、長さ9.2m、直径90cmの円筒2つがV字型に組み合わさったもので、下部にはハングル文字の書かれたチラシが入っていた。上越署署員が危険性がないことを確認して処理した。

同市では「引き続き同様のものが飛来する可能性が考えられる。内部の気体が水素など可燃性であることが想定されるので、発見した場合は不用意に触れずに市や警察、消防などに連絡してほしい」としている。

上越市の海岸には、ハングル文字の書かれたポリ容器などがたびたび漂着しているが、市によると飛来物は今回が初めてだという。