ホーム > 2012/05

糸魚川市の三條屋金物店が事業停止

9年前

糸魚川市竹ケ花の建築金物資材等卸売の「有限会社 三條屋金物店」(資本金500万円)が、2012年5月21日、同日で廃業した旨の貼り紙を出し、事業を停止した。帝国データバンク上越支店、東京商工リサーチ高田支店の調べで、負債は約1億3000万円。

整理・倒産

同社は1953年創業で、1996年に法人改組した。電動作業工具や建築金物、住宅設備機器の卸売を手掛け、1976年には上越市に営業所を開設するなど事業を拡大、2001年12月期の年売上高は約2億6000万円を計上していた。

今後は新潟地裁高田支部に破産手続き開始の申し立てを行う予定で、債権者は80人。