ホーム > 2018/04

雨でも楽しめる!! 高田公園に新たなお花見スポット誕生 

3か月前

新潟県上越市で開催中の高田城百万人観桜会では、昨年9月に会場の高田公園内に「市民交流施設高田公園オーレンプラザ」がオープンし、新たなお花見スポットが誕生している。

オーレンプラザ1階の「珈琲工房かさはら」前のフロア
さくら2

オーレンプラザ1階のスタンドカフェ「珈琲工房かさはら」前のガラス張りのフロアからは、南堀沿いの桜並木が一望できる。香り豊かな自家焙煎コーヒーを味わいながら、ゆっくりと桜を見物できる。公園内の散策で疲れた時の休憩場所としてもぴったり。室内なので、雨が降っても花見が楽しめるのも魅力だ。観桜会期間中の営業時間は午前10時〜午後5時。

オーレンプラザ2階の通路
さくら1

もう一つは同じオーレンプラザ2階のホール前の南側通路。ガラス越しには南堀沿いの桜並木とあわせ、残雪を頂く妙高、南葉の山々の眺めも圧巻。まだあまり知られていないため、オーレンプラザは2階に向かう階段に「お花見スポット」の案内表示も掲示し来館者にピーアールしている。露店やステージイベントで賑わう公園中心部から少し離れ、静かな花見が楽しめそうだ。

高田公園オーレンプラザの開館時間は午前8時30分から午後10時まで(2階への階段や図書館側の出入り口は午後5時30分に閉鎖)。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/80772404 例年より早く3月中に開花した上越市の高田公園の桜は4月2日時点で、場所によっては早くも見頃を迎えている。2日も天候に恵まれ気温が上がり、開花が進んだ。高田城百万人観桜会は6日に開幕するが、2日夜からはぼんぼりを前倒しで点灯。露店などは4日から一部が営業を始める予定だという。…
https://www.joetsutj.com/articles/90230267 新潟県上越市の「第93回高田城百万人観桜会」を主催する上越観光コンベンション協会が2018年3月30日午後、高田公園の桜「ソメイヨシノ」の開花を宣言した。昨年より7日、平年より9日早い。1953年からの気象庁の観測を含めても高田の桜の開花日としては最も早い記録と並んだ。…