ホーム > 2018/04

見つけて保護したら10万円! 五智公園周辺で逃げたオカメインコ

3か月前

新潟県上越市の五智公園周辺で、群馬県前橋市の会社役員の女性が飼っているオカメインコがいなくなり、探している。女性にとっては家族同然の存在といい「保護していただいた方には謝礼10万円を差し上げます」としている。2018年4月4日には五智公園にいたという情報が寄せられたが、保護には至っていない。

行方不明のオカメインコ
インコ2

インコ3

オカメインコは、女性が仕事の打ち合わせで上越市を訪れた3月27日、五智国分の鮮魚店「魚勢」付近で、車のドアを開けた際、飛んで逃げたという。

体長約30cmのメスで、体の色はグレー。名前は「ピスケ」。名前を呼びながらゆっくりと近づき、食パンか白米を見せながら手の平を差し伸べると寄ってくる可能性が高いという。

地域紙を通じて呼びかけたところ、4月4日早朝に五智公園で目撃したという電話があった。女性はすぐに群馬県から駆けつけて探したが、見つかっていない。「おそらく、五智公園か近隣住宅地で生き延びているかと思います。わが子同然の存在なのでぜひご協力いただきたい」としている。

発見や保護の連絡は電話080-5401-6520か、メールhayashi@ca-up.co.jp