ホーム > 2016/01

食べるのがもったいない⁉ キュートなサルの顔パン登場 パロル高田南店

4年前

天然酵母を使用した食パンをはじめ、調理パン各種、菓子パンが多彩に並ぶベーカリー「パン工房パロル高田南店」(上越市南本町2・白川景子店長)は今年の干支、申年にちなみ、サルの顔型パン=写真=を販売する。2015年1月2日から11日までの期間限定。

パロルパン1

同店では干支にちなんだパンを新年に販売するのが恒例となっており、子供からお年寄りまで人気が高い。今年はサルの顔型パンを販売する。
パンの中身は滑らかな口当たりの自家製カスタードクリームがたっぷり。カスタードの中にバニラビーンズが多めに入るため、甘く豊かな香りが漂い、カスタードの味をより一層引き立てる。

同店スタッフ、小嶋那美さん(26)は「子供から大人まで楽しんでもらえるようなパンが仕上がりました。かわいらしいサルの表情にも注目して。申年にちなんだ縁起物なので多くの皆さんに食べていただけたら」。

小嶋さん
パロルのさるパン

同店は天然酵母入りの食パンに定評。最近では地元の「義の塩」を使用した塩パンが昨夏に発売されて以来大人気に。ふわもち食感にアクセントの塩が効く一品だ。ほか、パン購入者にはコーヒー1杯のサービスあり。お土産、プレゼント用に箱(別途料金必要)もある。

サルの顔型パンの焼き上がりは毎日午前10時30分前後。1個194円。同店はイチコ高田南店内。

新年の営業は2日から。営業時間は2日が午前10時〜午後3時、3日が午前9時~午後6時30分。問い合わせは同店025−522−9533。

パン工房パロル高田南店(イチコ高田南店内)