ホーム > 2018/07

上越市西田中の資材置き場で火災 黒煙立ち込め一時騒然

3か月前

2018年7月4日午前9時頃、新潟県上越市西田中の清水土木工業資材置き場で火災が発生した。敷地内の休憩室、車庫、倉庫3棟の計5棟を全燃し、同10時22分に鎮火した。上越警察署によるとけが人はいない。消失面積は195・34平方m。

黒煙が立ち込めた火災現場(7月4日午前10時過ぎ)
西田中火災

出火当時、付近住民によると現場ではドラム缶で廃材が燃やされていたという。現場付近は風が強く吹いており、廃材などが飛び散っていた。その様子を見た現場南側の阿部建設工業の社員らが消火器で初期消火を実施。阿部雅洋社長は「5人の社員で初期消火をしたが、付近にはプロパンガスなどもあって危険だったので、すぐに通報した。今日は風がとても強かった」と当時の様子を話した。

現場となった建物は炎が上がり、辺り一面は黒煙が立ち込めた。消防による懸命な消火活動が行われ、その様子を見守る近隣住民などで現場は一時騒然とした。

清水土木工業