ホーム > 2018/07

市民公募の上杉謙信役に22人応募 2018年の謙信公祭

5か月前

2018年8月25、26の両日に開催される第93回謙信公祭の謙信役の公募が締め切られ、22人の応募があった。祭りを主催する謙信公祭協賛会事務局の上越市観光振興課によると、応募者は全員男性。今後書類審査とオーディションが行われ、今年の謙信役が決定する。

DSC_3196.NEF

謙信役は2007年から2015年までにミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが合計7回務め、祭りは一大観光イベントとなっていた。2016年からは住民主体の地元の祭りに方向転換し、市長や商工団体の代表が謙信役を務めた。

公募は2006年以来12年ぶりで、上越市民または同市内に通勤、通学している18〜65歳の健康な人を対象に、男女は問わず募集していた。参加費は5万円。

今後は書類審査を経て、面接とセリフの台本読みなどを行う二次審査のオーディションが7月14日に行われる。

昨年の謙信公祭。謙信役は当時90歳の上越観光コンベンション協会の田中弘邦会長が務めた
20170827-謙信公祭出陣行列

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/50082812 戦国武将上杉謙信の遺徳をたたえる謙信公祭を主催する謙信公祭協賛会は、2018年8月25、26の両日に開催する今年の第93回謙信公祭の上杉謙信役を募集している。謙信役の公募は2006年以来。対象は上越市民または同市内に通勤、通学している18〜65歳の健康な人で、男女は問わない。参加費は5万円。応募の締め切りは6月29日。…