ホーム > 2014/10

上越市と妙高市の138世帯に避難準備情報

7年前

  • 上越市の大雨災害警戒本部は2014年10月7日午前8時30分に廃止された。 
  • 上越市の避難準備情報は2014年10月7日午前7時5分に解除された。
  • 妙高市の避難準備情報は2014年10月7日午前5時に解除された。

上越市は2014年10月6日、台風18号の影響による大雨で被害が生じる危険性があることから、午後8時30分に大雨災害警戒本部を設置した。本部長は野口和広副市長。


新潟県上越市と妙高市は2014年10月6日夜、大雨による土砂災害の恐れがあるとして、それぞれの市内山間部の一部に避難準備情報を発令した。

発令されたのは、上越市板倉区の上久々野と柄山、妙高市の大濁、上小沢、関温泉、樽本。

両市には同日午後7時21分、大雨警報が発令されており、新潟地方気象台は土砂災害などに注意を呼び掛けている。

避難準備情報の対象となっている地区ごとの世帯数、住民数、避難所は次の通り。

上越市

▽板倉区上久々野……31世帯55人
▽同区柄山……2世帯3人
 避難所は両集落とも寺野地区総合センター(久々野)

妙高市

▽大濁……37世帯88人、避難所は大濁集落センター
▽上小沢……30世帯51人、避難所は上小沢林業集落センター
▽関温泉……18世帯61人、避難所は関温泉集会所
▽樽本(斑尾を除く)……20世帯30人、避難所は上樽本集会所

災害