ホーム > 2014/04

上越市大日の大戸屋、ホブソンズ、パン工房 5月3日オープン

6年前

新潟県上越市大日に建設していたサービス付き高齢者向け住宅「だいにちスローライフビレッジ」が完成し、2014年4月30日に竣工式が行われた。一般市民も利用できる別棟のミニスーパー「野菜村」、和定食などを提供する「大戸屋ごはん処」、アイスクリームとクレープの「ホブソンズ」、パン工房「くろわっさん」、めん類やカレーの「となりのカレー屋さん」、クリーニング店の「さっちゃん」は、5月3日にオープンすることになった。

完成した「だいにちスローライフビレッジ」の正面
open

センター棟にある飲食施設は5店。「大戸屋ごはん処」は上越地域初出店で、県内3店目。肉や魚をメーンにした定食、丼もの、ヘルシーメニュー、サラダ、デザートなどを提供する。店内は60席のテーブル席ほか、全国初の和室が設置された。

大戸屋ごはん処
ootoya

アイスクリームとクレープの「ホブソンズ」は、1985年にアメリカのサンタバーバラから日本に上陸したアイスクリーム店。新潟県内初出店となる。フレーバーに本物のフルーツや菓子を専用マシンでミックスするブレンドアイスクリームが特徴。クレープにもトッピングできる。アイスクリーム(フレーバー)は18種類前後、ブレンド用には、イチゴ、バナナ、パイナップル、ブルーベリー、ラズベリー、クッキーなど14種類前後を用意している。ナッツやシロップなどのトッピングも楽しめる。

ホブソンズ
hobsons

パン工房「くろわっさん」は、焼きたてのパンを提供するインストアベーカリー。店名の通り、クロワッサンが自慢で、チョコ、バター、あんこ、バニラ、紅茶などの種類がある。ほかにオニオンロール、メープルデニッシュなど、約30種類をそろえている。

パン工房くろわっさん
pan

「となりのカレー屋さん」はカレー、そば、うどん、ラーメンを提供する軽食店。

ミニスーパー「野菜村」は、野菜などの生鮮食品や日用品、菓子、惣菜などを販売する。特に上越産の野菜に力を入れている。

ミニスーパー野菜村
yasaimura

オープンを記念して、5月3日から6日まで、オープンキャンペーンを実施する。初日の3日午前11時30分からは、マグロの解体ショー、綿あめ、輪投げなどのイベントを実施する。各店舗では、先着サービス、割り引きサービスなどを実施する。

「だいにちスローライフビレッジ」は、上越地域で総合福祉サービスを展開する「リボーン」(飛田尚文社長)が、本社隣の約3万6000平方mの敷地に建設した高齢者向け住宅。今回完成した第1期工事は単身用40室と、世帯用12戸の計52室。いずれもバリアフリー構造のリビングキッチンと寝室のほか、家庭菜園やガーデンニングができる庭が付いている。現在、約3分の2が契約済みで、間もなく入居が始まるという。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52080783 新潟県の上越警察署管内で、2014年に入ってから電話を使って他人名義の口座などに送金させる特殊詐欺事件が多発している。4月24、25日にも連続で被害があり、早くも昨年1年間の件数、被害額を上回る非常事態となった。最近は手口が巧妙となっている上に、詐欺の前兆電話も頻繁にかかっており…