上越市が記録的大雪の甲府市に除雪車と運転手を派遣

新潟県上越市は2014年2月17日、記録的な大雪に見舞われた山梨県甲府市に対し、災害時相互応援に関する協定に基づき、大型除雪車1台と、市職員や民間の除雪事業者計5人を派遣した。同協定に基づいた災害派遣は今回が初めて。

甲府市は先週末の降雪で2月15日には積雪が最大114cmに達し、記録が残る過去120年で最も積雪の多かった1998年の49cmの2倍以上となる記録的な大雪となった。その後、天候は回復し2月17日午後3時時点で積雪は50cmと少なくなっているものの、道路脇に雪が高く積まれて十分な幅員が確保できないなど、市内の除雪が進んでいないという。

上越市の除雪車(写真は昨年11月の上越市除雪出動式)

josetusya

上越市には、2月17日朝に災害時相互応援に関する協定に基づき、除雪車とオペレーターの派遣の要請があった。同市は同日午後4時にタイヤドーザと呼ばれる大型除雪車1台と、市道路課職員2人、民間除雪事業者3人を現地に派遣した。

災害時相互応援に関する協定は、災害時の物資や資機材の提供、職員派遣、避難住民の受け入れなど、自治体間の広域的な相互応援体制による災害対応力の拡充を目的に、2012年7月20日に上越、甲府のほか静岡、長野の計4市で結んだ。