ホーム > 2013/02

今年の謙信公祭 2年ぶりガクトさん招へいへ

7年前

新潟県上越市が8月24、25日の「第88回謙信公祭」に、2年ぶりにミュージシャンのGACKT(ガクト)さんを招く計画を進めていることが2013年2月19日、明らかになった。村山秀幸市長が同日の記者会見で明らかにした。市は新年度予算に謙信公祭のゲスト招へい費を盛り込んでおり今後、ガクトさん側と交渉する。実現すれば5度目の出演となる。

2011年8月21日の謙信公祭で上杉謙信役を演じたガクトさん
20110821gackt

ガクトさんは2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信を演じ、謙信公祭では同年から11年までに計4回、謙信役を務めた。出陣行列や川中島の合戦の再現に出演し、4回とも2日間で20万人の入り込みを記録した。

昨年はガクトさんのスケジュールが合わなかった上に、謙信公祭実行委員会が祭のあり方を見直したいとして芸能人を招へいしなかった。代わりに上杉家17代当主で宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授の工学博士、上杉邦憲さんを謙信役に招いた。

同実行委員会では2015年春の北陸新幹線開業を控え、全国に上越市を発信したいとしてガクトさんを招へいすることを決めた。市によると既にガクトさん側に打診しており、謙信公祭当日のスケジュールは空いているとの返事があったという。

村山市長は「実行委員会とも議論した結果、ガクトさんにおいでいただく形で話を進めている」と話した。