ホーム > 2012/03

板倉区の地滑り 依然として住宅きしむ音響く

9年前

新潟県上越市板倉区国川集落の地滑りは2012年3月11日、依然としてゆっくりした速度で進んでおり、半壊した住宅の屋根や柱がきしむ音が響いている。県では住宅への被害拡大防止に県道上に大型コンクリートブロックを積む作業を行ったほか、地滑りの原因となる地下水位を下げるため、調整池や地下水の水抜き作業も始まった。

県道上に積まれたコンクリートブロック
block_w

10日午前2時ごろ住家に到達した地滑りは、11日午前8時から正午までの平均で、1時間に24センチのゆっくりした速度で進んでいる。半壊した住家3棟の傾きが大きくなり、柱や壁がきしんだりガラスが割れる音が周囲に響いている。11日現在の避難者は15世帯53人。

ie

県によると、正午までに県道沿いに大型ブロックを積む作業を終了し、側面部にも土のうを12日午後5時までに設置する見込み。また、砂利採取場の調整池や地滑りによってできた池に水中ポンプを設置し、水抜きする作業が始まった。地滑り現場には9か所に計測装置を設置し、テレビカメラでモニターしながら、慎重に作業を進めている。

樹木をなぎ倒し進んだ地滑りの跡
touboku

上越市によると、避難者用の公営住宅8世帯分を確保するとともに、板倉総合事務所の除雪車用車庫を家財道具の格納庫に提供することを決めた。家財道具を運び込むためのトラック2台と運転手も提供する。被災した3世帯を含む計5世帯は10日までに、親せき宅などへ家財道具の運び出しを済ませている。

また、同区久々野の温泉宿泊施設「やすらぎ荘」は、同集落の住民を対象に入浴の無料提供を始めた。

「恐ろしい地滑りの破壊力」の動画(1分21秒)
*地滑りで住宅が傾き、柱や屋根がきしんでいる動画

【板倉区国川の地滑り これまでの経緯】
◇板倉区の地滑りが住宅地に到達 4棟に被害(2012年3月10日)
http://www.joetsutj.com/archives/51875600.html

◇上越市板倉区の地すべり 人家まで27mに迫る(2012年3月9日)
http://www.joetsutj.com/archives/51874856.html

◇板倉区で地滑り 10世帯39人に避難準備情報(2012年3月8日)
http://www.joetsutj.com/archives/51874534.html