ホーム > 2015/12

ガソリンスタンドのコマレオが民事再生法適用を申請 負債39億円

5年前

新潟県上越市に約20年前に進出し、ガソリンスタンドの安売り競争の火付け役となったコマレオ(本社・米沢市、資本金4999万円、従業員90人)が2015年12月14日、山形地裁へ民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けた。帝国データバンク山形支店によると、負債総額は約39億円。

コマレオ上越給油所(上越市富岡、12月14日撮影)
コマレオ

同社は1956年9月に創業し、同年12月に法人化した。ガソリンスタンドは独自の仕入れルートによるノンブランド店舗で安値販売を展開した。また、「コマレオ」の店舗名でホームセンターを展開し、ほかにパチンコ店、酒類ディスカウントストア、飲食店など経営の多角化を図った。

1995年には福島県福島市にパチンコ、物販、飲食店ほかの各種サービスを行う総合アミューズメント店舗「コマレオプラザ」を建設して注目され、近年のピークとなる2002年2月期には約94億7900万円の年売上高を計上していた。

しかし、約20億円を投じて建設した「コマレオプラザ」をはじめ各店舗での採算が悪化し、ここ数年は赤字決算が続くとともに、過年の投資負担が回収できない状況となっていた。2015年2月期の年売上高は約63億円にとどまり、損益面も3期連続となる経常損失を計上していた。

上越市への進出は上越ウィングマーケットのオープンに合わせたもので、1994年8月に上越インターに近い富岡に上越給油所をオープンした。同店がプライスリーダーとなり、宇佐美やセルフリー上越などの量販店をはじめ、農協なども追従して激しい価格戦争が繰り広げられた。レギュラーガソリン1リットルが90円台の攻防となり、上越地区は県内最高値地区から短期間で最激戦地区に変わった経緯がある。