ホーム > 2016/04

上越市20代職員を酒気帯び運転で懲戒処分

3年前

上越市は2016年4月28日、酒気帯び運転で警察に検挙された農政課の20代男性主事を停職4か月の懲戒処分にしたと発表した。同市では昨年も酒気帯び運転で職員が懲戒処分を受けており、職場関係の飲酒を伴う会合に出る際には事前に上司に報告することを全職員に義務付けた。

タクシーで市役所駐車場に戻り自家用車運転

市によると、主事は今年4月1日の勤務終了後、同僚の市職員と市内の居酒屋で飲酒した後、一人でタクシーに乗り、自家用車がとめてあった市役所駐車場に戻った。タクシーを降りた後、自家用車を運転し自宅に向かった。途中、主事が店舗駐車場に車をとめるところを警察官が見ていて、職務質問をしたところ、呼気検査で1リットル当たり0.5mgのアルコールが検出された。

再発防止策: 飲酒予定を上司に報告義務付け

同市では昨年7月にも職員が酒気帯び運転で懲戒処分を受けていることから、再発防止のため今回具体的な対策を決めた。

職場関係の飲酒を伴う会合に出る場合に、所属長に報告することを全職員に義務付けた。また報告を受けた所属長は、会場までの往復の交通手段を確認することとした。また原則、自家用車を使わないことや使った場合は、飲酒の前に代行などを予約することも決めた。

村山秀幸市長は「市民の皆様の信頼を再び損ねたことに心から深くお詫びする。職員には飲酒運転をしないと誓うだけでなく、飲酒運転根絶のための具体的な行動をとるよう直ちに指導した」とのコメントを発表した。

※上司への報告義務の内容に一部誤りがあったので、記事を訂正しました(2016年4月29日午後2時)

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/04201044 新潟県上越市の職員による酒気帯び運転や市民宅への爆破予告という不祥事が相次いだことから村山秀幸市長は2015年9月1日、市議会本会議で陳謝した。同市では、教育委員会教育総務課の男性主任(37)が酒気帯び運転で自損事故を起こし7月に停職5か月の処分を受けている。これを受け綱紀保持徹…
https://www.joetsutj.com/articles/49217077 新潟県上越市は2015年8月28日、インターネット上の匿名掲示板に爆破予告を書き込んだとして逮捕、起訴された上越市牧区荒井の同市職員、大滝孝容疑者(30)を懲戒免職処分にしたと発表した。大滝容疑者は6月3日午後6時過ぎ、匿名掲示板「爆サイ.com」に、市内の男性町内会長宅を爆破す…
https://www.joetsutj.com/articles/32938008 上越警察署は2015年8月5日午後3時33分、インターネット上の匿名掲示板に爆破予告を書き込んだとして、上越市牧区荒井の同市職員、大滝孝容疑者(30)を脅迫の疑いで通常逮捕した。同署の発表によると、大滝容疑者は6月3日午後6時過ぎ、匿名掲示板に市内の男性町内会長宅を爆破する書き込み…
https://www.joetsutj.com/articles/81917481 上越市教育委員会は2015年7月3日、酒気帯び運転で警察に検挙された教育総務課の主任(37)を停職5か月の懲戒処分にしたと発表した。市教委によると、男性主任は6月5日の勤務終了後、自家用車で市内の居酒屋に行き知人らと飲酒。6日午前0時50分頃、帰宅しようと自家用車を運転し、道…