ホーム > 2017/10

新潟県内初出店 年内オープン目指す パチンコのメガガイア上越店

2か月前

全国にパチンコ店など149店舗を展開しているガイア(本社: 東京)は、新潟県上越市藤巻の上越大通り沿いに大型店「メガガイア上越店」を出店する。新潟県初出店で、オープンは2017年末を目指している。

上越市藤巻に建設中の「メガガイア上越店」
ガイア2

建設地は今年2月に閉店したミスターパチンコと、今年3月に移転したナルス本部事務所などの跡地。建築確認申請によると、敷地面積は約2万3000平方m。遊戯場は鉄骨2階建て、併設する立体駐車場が鉄骨4階建て(4層5段)で、全体の延べ床面積は約2万900平方m。駐車場は屋外スペースも含めて約1100台の見込み。パチンコ・スロットの設置台数は県内最大規模の約1700台とみられる。

工期は11月末までの見込み。関係者によると、年内のオープンを目指し100人規模の求人を実施している。

同社は「ガイア」「メガガイア」「ガイアネクスト」などの屋号で全国に149店(2017年5月末現在)を展開している。ダイナム(404店舗、2017年4月末)、マルハン(320店、2017年3月末)に次ぐパチンコ業界の大手。

メガガイア上越店

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/08478867 新潟県上越地域や他県にパチンコホールなどを展開している上越市の「三井企画」が2017年2月28日、同社起業の地であるミスターパチンコ藤巻店(上越市藤巻)と、2001年に出店した大型店のシルクロード上越店(五智1)を同時閉店した。パチンコファンの間では、「三井企画はパチンコ店経営をやめてしまうのではないか」などと心配する声が上がっている。パチンコ業界の現状も含め、三井慶昭社長(73)に話を聞いた。…