ホーム > 2016/09

画像データでオリジナルクッキー 「菓心亭かまだ」がフードプリンター導入

3年前

和洋多彩な菓子を製造販売する新潟県上越市の「菓心亭かまだ」は、文字や写真などのオリジナルデザインをクッキーにプリントする「オリジナルプリントクッキー」の販売を始めた。同店は「会社の記念品や結婚式、内祝いなどのお祝いの品として利用して」と話している。1枚162円。

同店はこのほど、クッキーやせんべいといった菓子などに可食インクでプリントを施せる「フードプリンター」を導入し、焼き上げたクッキーに、写真やロゴなどの画像データをプリントできるようになった。

かまだで販売している上越の四季をプリントしたクッキー
四季のクッキー1

人気商品「公園通りの花クッキー」の米粉クッキーを使用する。一つの画像につき、20枚以上から注文を受け付ける。クッキーのサイズは直径約6.5cmで、プリント可能範囲は直径約5.5cm。基本的に10日前までに予約とデータ入稿が必要。商標権のあるロゴや芸能人などの写真はプリントできない。担当の小林絵美さん(32)は「細かいデザインや薄い色合い、色鉛筆などは奇麗にプリントができないものもあります。どのようなイメージに仕上がるかなど、打ち合わせをさせていただきます」と話している。

画像データを用意すればオリジナルのクッキーができる
TJ

また、店内では上越地域の四季をプリントした「米粉のプリントクッキー」の販売を始めた。「高田城の夜桜」「高田公園のハス」「秋の苗名滝」「冬の妙高山」の写真がプリントされている。4枚セットで価格は420円。土産などに利用する人が多く、売れ行きは好調だという。同商品は子安店、大手町店のみの取り扱いとなる。

プリントクッキーに関する問い合わせは、子安店025-521-5322。