ホーム > 2016/05

便乗商品じゃないよ! 桃の木亭の「焼山噴火ラーメン」

4年前

新潟県上越市板倉区にある山小屋風の食堂「桃の木亭」で、最も辛いしょうゆ系ラーメンが「焼山噴火ラーメン」である。焼山(2400m)の小規模噴火に便乗した商品ではなく、約20年前から客に支持されてきた定番商品だという。

同店のラーメンはしょうゆ味、とんこつ味、しお味、みそ味の4種類がある。このうち、しょうゆ味のチャーシュー麺で、少し辛い味が「焼山ラーメン」(800円)、さらに辛いものを「焼山噴火ラーメン」(900円)と名付けている。またとんこつ味は「妙高ラーメン」(900円)、しお味の海鮮とろみスープを「火打ラーメン」(900円)と名付け、妙高連峰を形成している。

焼山噴火ラーメン
2016-05-14焼山噴火ラーメン

「焼山噴火ラーメン」は、すり鉢状の丼にバラ肉のチャーシューが5枚とメンマ、中央にネギや青菜が配置され、大きな海苔をトッピングしている。自家製の細麺は食感が良く、しょうゆ系のやや濁ったスープと相性抜群。店主によると辛味は「コチュジャンを主体に、数種類の辛味を使っている」という。“口の中が爆発するような辛さ”ではなく、“旨辛”といった感じだ。

山小屋風で、秘境の雰囲気がある「桃の木亭」
2016-05-14桃の木亭

この店は田んぼと山に囲まれ、まるで秘湯の温泉宿のようだ。看板がないので、カーナビを使っても迷う客が多いらしい。広い駐車場の奥に木の門があり、赤い提灯と「営業中」の看板が目印。

注文は紙に名字と注文の品を書いて店員に渡すシステムで、ドリンク以外は追加注文できないので要注意。携帯電話は使用禁止。

新潟県上越市板倉区山部329-7。営業時間は午前11時~午後2時、午後5時~8時。月曜定休。電話0255-78-2301。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/26912368 気象庁が2016年5月6日、新潟焼山(2400m)で、ごく小規模な噴火が発生したと発表したことについて、新潟県妙高市渋江町の火山地質学者、早津賢二さん(71)は、「これから噴火が活発になれば、早川沿いへの融雪型泥流や、妙高市と上越市への降灰に注意が必要」と呼び掛けている。…
桃の木亭