ホーム > 2017/01

上越市飯に熟成肉味わえる店「Colt agingbeef & grill」が1月16日にオープン

3年前

=記事広告=

自社管理する熟成庫で徹底管理された熟成肉を味わえる店「Colt agingbeef & grill(コルト エージングビーフ&グリル)」(株式会社ライフイノベーション)が上越市飯に2017年1月16日、オープンする。2月中旬まではコースメニューを提供。その後はアラカルトメニュー、ランチの提供もスタートする予定。加茂川淳店長は、「こだわりの熟成肉を提供する。“本物の味”を楽しんで」と話している。

コルト外観

一定期間寝かせて肉のうま味を凝縮、発酵させる熟成肉。ここ数年、ブームになっているが、「肉本来の持つおいしさを知ってもらうことや、県内外の牛肉を仕入れて熟成させることで、新しい肉の価値観を地域に発信したい」と同店。肉は自社ルートで管理することで、安価で提供することが可能になるという。同店ではドライエイジング、ウェットエイジング、吊るし熟成といった方法で肉を熟成させる。

ハラミ

赤身肉2

オープン後の約1か月は肉を中心としたコースラインアップで提供。「肉のおいしさ」はもちろん、ボリュームも自慢。1人3500円〜。提供する肉は全て国産で、備長炭でじっくり焼き上げる。炭火で焼いたあとは一定の時間、肉をねかせるため、肉料理の提供は時間がかかるという。アルコール類も多彩で、肉に合うワインや日本酒も揃える。

来月から始まるランチタイムは肉を中心とした1000円前後のメニューを提供予定。加茂川店長は「肉といえば『コルト』と支持されるよう、肉もサービスも最高を提供したい。落ち着いた空間で楽しんでもらえれば」。

店内はヨーロッパのアンティーク調をイメージした。全てテーブル席で、大人数や1人の利用も歓迎している。営業時間は午後5時30分から同22時30分。2月中旬からスタートするランチタイムは午前11時30分から午後2時。不定休。イチコ高田西店などが入る高田西ショッピングセンター内。ブラウンの外壁が目印。予約や問い合わせは同店025-520-7720

「Colt agingbeef & grill」(上越市飯)