ホーム > 2021/04

SL “デゴイチ” 体験乗車やグッズ販売など トキ鉄「直江津D51レールパーク」4月29日オープン

3か月前

新潟県上越市の直江津駅に隣接して2021年4月29日にオープンするえちごトキめき鉄道の「直江津D51(デゴイチ)レールパーク」が4月26日、報道関係者に公開された。目玉は圧縮空気で動く蒸気機関車(SL)D51形の乗車体験で、同社は同パークを「鉄道の町・直江津」の活性化と地域住民が鉄道に親しむきっかけになることを目指している。

D51は1943年製造の827号機で、1973年まで岐阜県内を中心に走行していた。所有していた鉄道輸送などを手掛けるアチハ(大阪府)から、観光庁の補助金などを活用して5年間のリース契約で借り受けた。

乗車体験は、かつて貨物列車の最後尾で車掌車として使用されていた緩急車「ヨ」2両に乗客24人を乗せ、直江津駅手前までの約250mを往復運行する。緩急車の座席は木製のベンチ風で、天井の扇風機や備え付けのだるまストーブなどとともに昭和の時代をほうふつとさせる。1日4回の運行で、パーク内で午前2回と午後2回配布される整理券が必要。

D51乗車体験の緩急車の車内
D51内覧会②

JRから購入した旧国鉄製413系車両は、国鉄時代の落ち着いたピンクとベージュに塗り替え、全国的にも珍しい扇形の機関車庫「扇形庫」内に展示した。車内や運転席を自由に見学できるほか、鉄道グッズショップを開設。トートバッグやクリアファイルなどのレールパークグッズのほかトキ鉄グッズなど約50種類を販売する。他の鉄道会社のグッズも取り扱い予定。

扇形庫に展示されている旧国鉄製413系
DSC_2182

413系内の鉄道グッズショップ
D51内覧会③

扇形庫内には、話題を呼んだ「線路の石」の缶詰を実際に作る体験や、景品付きのスマートボールゲームなどが楽しめるコーナーもある。転車台でD51が回転する様子も自由に見学可能。

「線路の石」の缶詰作り体験コーナー
DSC_2143

昔なつかしいスマートボールで景品がもらえる
DSC_2167

園長を務める春田啓郎営業部長は「小さい時の思い出はずっと残るので、デゴイチで子どもたちに大きなインパクトを与えたい。地元の皆さんが非常に期待している。(オープンを)きっかけにぜひ上越に来ていただきたい」と期待を込めた。

レールパークは、12月上旬までの主に土日祝日に営業し、時間は午前9時45分から午後5時まで。入場料金は中学生以上1000円、3歳以上700円、3歳未満は無料。シーズン中何回でも入場できるシーズンパスポートもある。D51体験乗車は無料。

チケットは大型連休中はインターネット予約のみで、4月26日現在、連休後半や1日のうちでも午後の遅い時間にまだ余裕があるという。5月6日以降はパークで当日券も販売する。

▽直江津D51レールパーク https://www.naoetsu-d51-railpark.com/

直江津D51レールパーク

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/75792600 新潟県上越市のえちごトキめき鉄道(鳥塚亮社長)は2021年4月29日、蒸気機関車(SL)D51形の乗車体験や旧国鉄製413系電車の車両展示からなる「直江津D51レールパーク」を、直江津駅に隣接する直江津運転センターにオープンする。4月29日から5月5日までは完全予約制で、4月12日からインターネットで予約を受け付ける。…
https://www.joetsutj.com/articles/70783173 えちごトキめき鉄道は2021年3月1日、新たな観光列車として導入するため、JR西日本金沢支社で今月運用を終了する旧国鉄製413系電車3両を購入した。車体の塗装を国鉄時代の色に塗り替えるなどして、昨年導入した蒸気機関車「デゴイチ」とセットで昭和の鉄道を楽しんでもらう狙いだ。新たな観…
https://www.joetsutj.com/articles/07946794 宙に浮く「デゴイチ」――。新潟県上越市のえちごトキめき鉄道直江津駅に隣接する直江津運転センターに2020年11月1日、蒸気機関車(SL)D51形が和歌山県から陸送された。約100tの黒い巨体は3分割されてクレーンにつるされ、トレーラーから降ろされた。同社はD51を「鉄道の町・直江津」のシンボルに位置付け、来年度から体験乗車などができる「直江津レールパーク」を開設する考えだ。…