ホーム > 2016/05

神楽屋の姉妹店「中華そば煮干屋」上越市藤野新田に6月17日オープン

12か月前

新潟県上越市藤野新田に「中華そば煮干屋」が2016年6月17日、オープンする。場所は旧GOGO宝来軒跡地。あっさりした煮干し出汁のラーメンを提供する店で、同市中郷区市屋の人気ラーメン店「神楽屋」の姉妹店。

20160526-DSC_0001

看板メニューは、煮干中華そば(680円)。スープは煮干しとシイタケ、昆布から出汁を取ったあっさりとした味わいで、自家製の中太ストレート麺との相性は抜群だという。スープの風味を殺さないよう、丼には麺とスープとネギだけを乗せ、チャーシューやメンマなどは小皿で提供するという徹底ぶりも光る。1.5玉は20円増し、2玉は40円増しと、大盛りにした場合の価格は安い。

このほかにも、魚介スープに豚骨の脂が入った煮干ラーメン(680円)や、シンプルな味わいの上越醤油ラーメン(680円)などがある。いずれも大盛や特盛の料金は煮干中華そばと同じ。極太平打ち麺のコシが特徴の煮干つけ麺(780円)は、麺の量を特盛にしても追加料金は発生しない。夜はハイボール(230円~)や空揚げなども提供する。

店内は白とこげ茶のシンプルモダンの色合いが特徴。座席は25席で、このうちカウンター席は6席。小上がり席もある。

営業時間は昼が午前11時30分から午後3時。夜は午後5時30分から同9時。水曜定休。電話は025-520-8009。

中華そば煮干屋(上越警察署うら)