ホーム > 2016/05

上越市新光町など市街地をイノシシ徘徊 線路に入り一時運転見合わせも

3年前

新潟県上越市によると2016年5月26日午前、春日山町1から新光町などの市街地にイノシシが出没した。イノシシは体長約80cmで、保育園の近くや中学校のグラウンド、鉄道の線路などを徘徊し午前11時30分頃、新光町2の住宅の敷地内で警察や市が捕獲した。けが人などはない。

イノシシが横断した上越大通りの新光町1付近
oodoori

市によると、午前8時20分頃、春日山町1の市立春日保育園の職員がイノシシがいると市に通報した。その後、午前10時頃には春日山町3のクスリのアオキ春日山店付近や旧春日山駅付近で目撃された。

警察のパトカー4台と市の車両2台などで追跡した。イノシシはその後、市役所近くの身体障害者体育館付近から春日中学校のグラウンドに侵入したため、学校は生徒を一時屋内に退避させた。さらに午前10時半頃には学校のグラウンドの東を通るえちごトキめき鉄道の線路(妙高はねうまライン)に侵入。トキ鉄は列車の運転を一時見合わせた。

その後、イノシシは上越大通りを横断して、新光町2、3丁目方面に向かい、三交病院、さんこうこどもの家付近を徘徊。午前11時30分頃、新光町2の住宅敷地内で、警察や市職員によりさすまたや網などで捕獲された。