上越初だった大型郊外書店「ブックコスモス」が店頭での書籍販売を終了

新潟県上越市北城町3の書店「ブックコスモス」が2017年8月中旬、店頭での書籍販売を終了した。現在は予約や取り寄せに切り替え、本や雑誌を1冊から配達している。同店は31年前の1986年(昭和61年)7月25日にオープン。100台分の駐車場を備えた上越初の大型郊外書店として、圧倒的な人気を集めた。

ブックコスモス(北城町3)。半分はTOTOのショールームになっている
cosmos

31年前の1986年にオープン

書店は真野建材グループの「株式会社ブックコスモス」が運営。開店当時は約300平方mの売り場に、書店を核とし、レンタルビデオ、レコード、レストラン、ファンシーショップのテナントが入った。当初は「ブックトピア・コスモス」という店名で、年中無休の上、午後11時まで(土曜は午前0時まで)の営業が人気を集めた。広い駐車場、書籍検索システムの導入も上越初だった。

高田地区一番の商業集積地に

翌1987年には向かい側に2棟目が建設され、レンタル部門を独立させた「ビデオトピア・コスモス」が10月16日にオープンした。ビデオの本数を3000本から5000本に増やし、CDレンタルも始めた。ファストフード「モスバーガー」の上越地区初出店も人気に拍車をかけた。一帯は“コスモスシティ”と称され、高田地区で最もにぎわいを見せる商業集積地となった。

その後、レンタルビデオはツタヤ、ゲオ、ビデオ1の進出の影響などで、2008年6月末に閉店した。モスバーガーは2001年3月に撤退し、その後にマクドナルドが入店した。

本や雑誌を1冊から配達

ブックコスモスは、本のネット販売などの影響で、売り場を縮小して営業を続けていたが、現在は予約、取り寄せのほか、本や雑誌などを1冊から配達している。

同店では「北城町界隈には80歳、90歳といった高齢者が多く、雑誌の定期購読者を中心に配達の需要がある」と話している。配達のため店頭にスタッフ不在の時間がある。不定休。

配達などの問い合わせは、電話025-525-5811

関連記事


ブックコスモス