ホーム > 2017/03

小麦も豚も使用せず! ラーメン店「べいめん屋ハラル」が国道8号沿いに開店

9か月前

新潟県上越市安江2の国道8号沿いに2017年3月6日、一風変わったラーメン店「べいめん屋ハラル」(古川理絵店主)がオープンした。小麦を使用しない「グルテンフリー」に加え、イスラム教徒でも口にできる食材に限定する「ハラール対応」の二本柱を掲げている。

薬膳!汁なし担々麺
20170310-DSC_0278

今のところメニューは「薬膳!汁なし担々麺」の1種類。麺は小麦を使わずに、米粉と玄米粉をブレンドしたものを使用。ソースは味噌と醤油、自家製のごまだれとラー油をベースに、ナツメグやウコンなどの香辛料を使用して、ピーナッツや鳥ひき肉などを入れた。具材は水菜とトマトの2種類。デザートにヨーグルトが付いて1杯800円。レディースサイズは麺の量が少なくなり、具材にアボカドが追加される。

10種類以上のスパイスや漢方食材を使ったソースや、コシの強い米粉麺からは、素材本来の味を感じ取ることができる。

べいめん屋ハラル
20170310-DSC_0266

ハラール調理師に認定されている古川店主は「アレルギーの人でも、宗教上の理由がある人でも味わえるラーメンを作りたかった」と開店の理由を語る。担々麺以外の新たなメニューも考案中だという。

店内はカウンター5席と、4人がけテーブルが1つ。営業時間は午前11時〜午後2時。定休日は月曜日と木曜日。電話番号090-6059-5214

べいめん屋ハラル(上越市安江2)