ホーム > 2018/11

イトーヨーカドー直江津店が来年5月めどに閉店へ

2か月前

新潟県上越市西本町3のイトーヨーカドー直江津店が来年5月をめどに閉店する方針を固めたことが、2018年11月11日までに分かった。

関係者によると、閉店の方針は既に従業員に伝えられており、近く開かれる地元テナントによる会議でも対応が協議される。

イトーヨーカドー直江津店
21241424

直江津店は、1987年6月にオープンし、直江津中心市街地の中核的な商業施設として集客とにぎわい創出の中心となってきた。同店は頸城自動車の子会社マルケーエスシー開発が管理運営している「直江津ショッピングセンター」のキーテナントで、同じ建物内の専門店街「エルマール」には、地元の商店などおよそ55店が出店している。

イトーヨーカ堂を傘下に持つセブン&アイ・ホールディングスは不採算店舗の閉鎖などを進めており、新潟県内では今年8月に「イトーヨーカドー丸大柏崎店」(柏崎市駅前2)を閉店。「イトーヨーカドー丸大長岡店」(長岡市城内町2)についても来年2月末までの閉店を検討していることが明らかになっている。

イトーヨーカドー直江津店は閉店の方針について「答えられない」としている。


(2018年11月12日追記)セブン&アイ・ホールディングス広報センターは取材に対し、「直江津店については閉店の方向で検討しているが、時期など詳細についてはまだ決まっていない」と答えた。

イトーヨーカドー直江津店の場所