ホーム > 2016/01

ご飯の上で動く「イクラ丼」⁉ 上越市立水族博物館がユニーク展示

5年前

=2016年1月5日=

上越市立水族博物館は、水槽の中に「イクラ丼」を展示している。サケの受精卵がふ化する様子を観察できるユニークな展示で来場者の人気を集めている。

ikura

水槽の中のどんぶりにはご飯に見立てた白い砂利が盛られ、その上にはたっぷりのイクラ。手前には箸も置いてある。

イクラは昨秋、市内の河川に遡上したサケの受精卵。白いご飯の上イクラには二つの目がある。また、ふ化してどんぶりの外に泳いでいこうとする様子も見ることができる。

同館では「単純に展示するよりも、こうすることで注目してもらえ、じっくりと観察してもらえる」と話している。

卵は日々ふ化しており、イクラ丼の状態で見られるのはもう2、3日ほどだという。

◇上越市立水族博物館公式サイト
http://www.joetsu-suihaku.jp/