ホーム > 2018/10

空から紅葉を見てみよう 妙高市のスキー場でゴンドラ運行中

8か月前

新潟県妙高市の山々の紅葉は次第に山頂から中腹に下り、まもなく見頃を迎える。紅葉運行のスキー場のゴンドラに乗り、空から錦秋の大パノラマを眺めてはいかが。

妙高杉ノ原スキー場

妙高杉ノ原スキー場(妙高市杉野沢)の杉ノ原ゴンドラは11月4日まで紅葉営業中。全長3074m、片道約15分の空からの紅葉狩りが楽しめる。標高1500mのゴンドラ山頂駅付近の展望広場からは、晴れた日には遠く富士山も見えるという。一番の見頃となる週末の10月20、21日は午前6時から早朝運行する。

料金は大人2000円(片道1200円)、子供1000円(同600円)、幼児は大人1人につき1人無料。ペット500円。月曜は北陸3県、火曜は甲信越3県、水曜は関東圏7県の住民が200円引きとなる。運行時間は午前9時〜午後3時30分(下り最終午後4時)。問い合わせは0255-86-6211

妙高杉ノ原スキー場の杉ノ原ゴンドラ
紅葉ゴンドラ

赤倉観光リゾートスキー場

赤倉観光リゾートスキー場(同市田切)の妙高高原スカイケーブルは、標高1300mの山頂まで11分。紅葉の中に佇む赤い屋根の赤倉観光ホテルを空から眺めるのも趣き深い。山頂付近のレストランも営業している。見頃は10月下旬。11月4日まで運行。

料金は大人1800円(片道1300円)、子供900円(同700円)、未就学児無料。ペット同乗可。運行時間は平日午前8時〜午後4時(上り最終午後3時30分)。土日祝午前8時〜午後4時30分(上り最終午後4時)。問い合わせは赤倉観光ホテル0255-87-2501

ロッテアライリゾート

昨年12月にオープンしたロッテアライリゾート(同市両善寺)のスカイウェイは今年が初めての紅葉運行。11月11日まで。標高1000mの膳棚ステーションまでは、全長3200m、約15分。眼下には大毛無山の紅葉が広がる。見頃は10月下旬。通常、土日祝のみ営業の山頂レストランも16〜28日は平日営業(月曜除く)しており、紅葉を見ながらバーベキューが味わえる。

料金は往復で大人1800円、子供1500円、未就学児無料。1ドリンク付のパックもある。運行時間は午前10時〜午後4時(上り最終午後3時15分)。月曜運休(祝日の場合は翌日運休)。問い合わせは0255-75-1100