ホーム > 2015/11

あすとぴあ高田2階に初のテナント 日本公庫高田支店が移転オープン

5年前

新潟県上越市本町5の再開発ビル「あすとぴあ高田」の2階に2015年11月2日、日本政策金融公庫高田支店が大町から移転し営業を開始した。

同支店はこれまで同市大町3で1963年から営業しており、建物は築60年を超え老朽化していたことから移転することになった。移転先の物件を公募し、あすとぴあの2階が条件に合致したことから決めたという。

あすとぴあは国の認定を受けた中心市街地活性化事業で建設されたビルで、2013年4月にオープンして以来、2階はこれまでずっと空だった。2階は約760平方mのフロアで、この約半分に同支店のオフィスが入居した。

11月2日、同支店が真新しいオフィスで営業を開始=写真=。松尾彰夫支店長は「事業者向けの融資だけでなく、高校入学、大学、予備校などに利用できる国の教育ローンなども取り扱っているので、気軽に立ち寄ってもらえれば」と話している。

日本公庫高田支店

また同支店で、11月4日から、高田の過去の積雪データをまとめたカレンダー「グラフで見る雪の高田」を配布する。