ホーム > 2018/07

上越市立歴史博物館オープン 屋上展望デッキやカフェも新設

9か月前

新潟県上越市本城町に2018年7月21日、市立総合博物館をリニューアルした「上越市立歴史博物館」がオープンした。同市にあった中世の越後国府に始まる越後の都の変遷を、歴史資料のほかプロジェクションマッピングやVR(バーチャルリアリティー)、QRコードなどのデジタル映像コンテンツを多用して紹介している。オープン前日の20日には、市や展示資料の所有者、博物館の関係者など約80人が出席して開館記念式典が開かれた。

リニューアルオープンした上越市立歴史博物館
DSC_5366-2

前身の総合博物館は1972年に開館し、2001年に新館の増築に合わせて本館を改修。今回、上越の歴史に特化した博物館として総事業費約5億3000万円をかけて再リニューアルした。

高田城の模型や高田城周辺の町並みを再現したタッチパネル式の散策マップなどがある
歴史博物館1

2階の常設展示は、「越後の都」「雪国のくらしと民俗」など全5章のテーマに沿った展示構成。

越後の都」では、市が購入を断念した上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号山鳥毛)」が展示されるはずだったガラスケースに、同市国府1の愛宕神社所蔵の市指定文化財で謙信奉納と伝わる軍配を展示。

榊原家の時代」では、江戸時代の後半の130年間にわたって高田藩主を務めた榊原家の藩祖、榊原康政が初陣に着用したと伝わり榊神社の御神体だった甲冑を展示している。

雪国のくらしと民俗」では、高田の雁木通りの石畳や雪下駄職人の店先を再現し、雪下駄や高田瞽女を描いた画家、斎藤真一の絵画を展示した。

再現した町家のガラス戸を展示ケースに見立てて雪下駄を展示
DSC_5391

1階と新たに開放した3階の屋上展望デッキは無料ゾーンで、入館料なしで入ることができる。展望デッキからは妙高山や南葉山、高田公園の内外堀などが眺められ、飲食持ち込み可能。観桜会の時期には公園内の桜を自由に観賞できる。1階のカフエ・ミュージアムショップ「御母家」は、コーヒーやワイン、甘味類を提供し、お土産コーナーもある。

3階の屋上展望デッキ(利用無料)
DSC_5417

1階のカフェ・ミュージアムショップ「御母家」(入店は無料)
DSC_5431

開館記念式典で村山秀幸市長は「歴史博物館が市民が自らの街の歴史を見つめ伝え合い、先人が守り築いてきた取り組みの学びの場所となることを期待したい」と述べた。

新館3階講堂で行われた開館記念式典
歴史博物館2

開館記念企画展として「徳川四天王 榊原康政の遺宝」、企画展「生誕150年記念企画展 川上善兵衛」も9月17日まで開催されている。

開館時間は午前9時〜午後5時。観覧料は一般500円、小中高生250円で、市内の学校に通う小中学生は無料。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/68698363 新潟県上越市本城町の市立総合博物館をリニューアルし、2018年7月にオープンする上越市立歴史博物館の改修工事がこのほど完了した。高田城の歴史を紹介するプロジェクションマッピングやタッチパネル式の散策マップなど、随所に最新のテクノロジーを導入し、上越の歴史に特化した資料を展示する。3月27日には上越市議らが視察に訪れ、内部が公開された。…
https://www.joetsutj.com/articles/79353843 上越市教育委員会は歴史博物館へと改修工事中の同市立総合博物館(本城町)のリニューアル後の展示内容を2018年2月8日、明らかにした。目玉となるはずだった上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」は展示されないが、同市が所有する歴史資料をはじめ、高田城の模型や町家の再現…
https://www.joetsutj.com/articles/25735592 新潟県上越市は上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」の購入を断念する見通しとなった。村山秀幸市長は2017年11月18日、上越タウンジャーナルの取材に対し「所管する教育委員会から難しいという話を聞いている」とした上で、来月の市議会12月定例会に関連議案を提案する考えを明らかにした。…
https://www.joetsutj.com/articles/86959327 上越市は、同市本城町の市総合博物館を2016年11月から改修する。館内の一角を占めていた小林古径記念美術館は分離され、約100m南側にある小林古径邸北側に新設される。改修後の博物館には白い外壁をスクリーンに見立てたプロジェクションマッピングや、花見などで使用できる屋上テラスなどが…