ホーム > 2019/07

オレオレ詐欺で現金250万円だまし取られる 上越市の70代女性が被害

3か月前

上越警察署によると2019年7月26日、新潟県上越市の70代女性がオレオレ詐欺で現金250万円をだまし取られた。同署が被害届を受理した。

同署によると、同日午後0時過ぎ、女性宅に息子をかたる男から電話があり、「会社のお金を200万円使い込んでしまった。お金を準備してほしい」と言われた。女性は同居している次男だと思い込んだという。その後、次男の上司と名乗る男から「息子さんに100万円を貸している」という電話があり、動転した女性は言われるがままに自宅に現金250万円を準備したところ、次男の会社の者だと名乗る30歳くらいの男が自宅に現れ、女性は現金を手渡した。

同署では、「自宅にかかってきた電話でお金が出てきたら、まずは詐欺を疑い一旦電話を切って家族や警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/24313513 上越警察署は2019年7月26日、新潟県上越市に住むいずれも70歳代の女性2人が今月25日までに架空請求詐欺の被害に遭ったと発表した。いずれも女性宅に家電量販店店員を名乗る男から電話があり、指示されたままに手渡したキャッシュカードを使ってATMから現金が引き出された。…