上越市議会の新議長に飯塚義隆氏 副議長は波多野氏

上越市議会は2020年5月12日、先月の改選を受けて議会人事を決める臨時会を開き、議長に第二会派「輝」(7人)の飯塚義隆氏(69)、副議長に最大会派「みらい」(8人)の波多野一夫氏(61)を選出した。

新議長 飯塚義隆氏 副議長 波多野氏

飯塚氏は現在5期目。議会運営委員長、総務常任委員長、監査委員などを務めてきた。波多野氏は4期目で建設企業常任委員長、新幹線・並行在来線対策特別委員長、監査委員などを務めた。

議長選には飯塚氏のほか、共産の橋爪法一氏(70)が立候補を表明。定数32のうち、投票の結果、飯塚氏が26票、橋爪氏が6票だった。飯塚氏は「執行機関と議会が互いの権能を尊重し、協力し、市民が望むことに一致して進んでいきたい」と決意を語った。

単記無記名投票で議長、副議長の選挙が行われた
単記無記名投票で議長、副議長の選挙が行われた

副議長選には波多野氏のほか、市民クラブの近藤彰治氏(69)が立候補。投票の結果、波多野氏が22票、近藤氏が10票だった。

監査委員には「創風」の大島洋一氏(72)が選任された。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/66407620
https://www.joetsutj.com/articles/47453552