ホーム > 2018/11

新潟焼山の立ち入り規制を解除 2年9か月ぶり 火山活動低下

4か月前

山頂から半径1km以内の立ち入りが規制されている活火山の新潟焼山(2400m)について、地元の新潟県妙高市、糸魚川市、長野県小谷村の3市村は2018年11月15日、立ち入り規制を解除した。規制解除は約2年9か月ぶり。

新潟焼山(2018年10月9日撮影・新潟県土木部砂防課提供)火打山川第1砂防ダム観測局_撮影日20181009

15日に糸魚川市で開かれた3市村による防災対応協議で決定した。昨年以降、噴煙や地震活動が低下し、地殻変動にも膨張性が認められないことが理由。噴火警戒レベルは1(活火山であることに注意)のまま。

焼山は2015年夏頃から噴煙がやや高く上がる傾向がみられ、2015年末には噴煙量や地震の回数が増加した。このため、地元の3市村は入山者の安全を確保を目的に2016年3月2日から山頂から半径1km以内を警戒区域に設定して立ち入りを規制していた。

2016年5月には気象庁がごく小規模な噴火が発生したと発表するなど、一時火山活動が活発となったが、その後は次第に活動は低下。新潟焼山火山防災協議会(会長・花角英世知事)は今月7日付で、3市村に対し「規制を解除して差し支えない」とする助言書を提出していた。

規制解除を受け、妙高市側の登山道の一部が荒廃していることから、同市では来季の登山シーズン前に関係者と安全確保のための協議を行うという。

新潟焼山は活火山で、1974年に水蒸気爆発を起こし3人が死亡している。気象庁が24時間体制で常時監視している。

▼焼山ライブカメラ (新潟県・新潟焼山火山監視システム)
http://doboku-bousai.pref.niigata.jp/yk_camera/index.html

新潟焼山の場所

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/26912368 気象庁が2016年5月6日、新潟焼山(2400m)で、ごく小規模な噴火が発生したと発表したことについて、新潟県妙高市渋江町の火山地質学者、早津賢二さん(71)は、「これから噴火が活発になれば、早川沿いへの融雪型泥流や、妙高市と上越市への降灰に注意が必要」と呼び掛けている。…
https://www.joetsutj.com/articles/77600800 新潟県妙高市、糸魚川市、長野県小谷村の3市村は2016年3月2日午前10時30分、活火山の新潟焼山(2400m)の火口から半径1km以内を警戒区域に設定し、立ち入り規制を始めた。噴火警戒レベルは1のままだが、昨年12月頃から噴煙量が多く地震の回数も増えており、入山者の安全を確保するためだとしている。…
https://www.joetsutj.com/articles/52120299 国の火山噴火予知連絡会長である東京大学名誉教授の藤井敏嗣氏が、このほどテレビ番組の中で、2014年9月に起きた御嶽山(岐阜・長野県境)の噴火などを例に挙げ、「(日本は)火山の活動期に入ったかもしれない」と注意を呼び掛けた。2014年は阿蘇山(熊本県)や口永良部島(鹿児島県)が噴火…